2018年 8月 20日 (月)

与那国島沖地震に「神の怒りのよう」 基地建設にからんだ加藤登紀子ツイートが炎上、削除

印刷

   沖縄・与那国島沖で起きた地震について、歌手の加藤登紀子さん(71)が「神の怒りのようね」とツイッター上でつぶやき、疑問や批判も相次いでいる。政府が自衛隊配備を進めていることを受けてのことらしいが、現在は、ツイートは削除されている。

   与那国町では2015年4月20日、大きな被害はなかったが、島の近海を震源とする震度4の地震があった。震源地に近い台湾では、大きな揺れがあり、火災で死者が出るなどの被害も出ている。

  • ツイートが波紋
    ツイートが波紋

政府の自衛隊配備を疑問視して発言?

   元NHKアナウンサーの堀潤さん(37)がこの日、地震のニュースを受けて、「与那国での地震、そして晴れた日には与那国島からも眺めることができる台湾でM6を超える地震」とツイートした。すると、加藤登紀子さんは、すぐにそれをリツイートし、次のようにつぶやいた。

「基地建設の始まった与那国。神の怒りのようね」

   「国境の島」として知られる日本最西端の与那国町では、政府が中国などの脅威に備えようと自衛隊の配備を進めており、予定地ではすでに造成が進んでいる。その是非を問う住民投票も2月22日に行われ、配備に賛成が過半数を占める結果になった。自衛隊配備が追認される形になったが、反対派は、建設差し止め訴訟を起こす構えを見せている。

   加藤さんは、反戦・平和を唱え、安倍政権の集団的自衛権についても疑問視する発言をしている。こうしたことから、「基地建設」が神の怒りに触れたと言いたかった可能性もあるが、真相は不明だ。

過去には、石原慎太郎氏が震災を「天罰」として謝罪

   しかし、死者も出た地震を「神の怒り」と表現したことから、ネット上では、不謹慎な発言だといった疑問や批判の声が相次いでいる。

   それを考慮したのかどうかは分からないが、加藤登紀子さんのツイートは現在、削除されている。

   過去には、東日本大震災が11年3月に起きた直後に、東京都知事だった石原慎太郎氏が「天罰」と表現し、その後に謝罪した騒ぎがあった。また、反捕鯨団体「シー・シェパード」の代表は、フェイスブックに「神の怒りを買ったために地震が起きた」とも受け止められる内容の詩を載せて、批判を浴びたことがある。

   加藤さん事務所のトキコ・プランニングでは、取材に対し、ツイートについてはまだ確認していないとし、本人に聞いたうえで回答すると話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック