「ドローン」飛行は許可制に 閣議決定

印刷

   小型無人飛行機「ドローン」の飛行ルールを定める航空法改正案が2015年7月14日に閣議決定された。夜間や目視できない状況での飛行を原則禁止する。違反した場合は最高で50万円の罰金を科す。現在の国会で成立をめざす。

   無人航空機の遠隔操作や自動操縦に関しての規定は航空法になかった。改正案では飛行を日中に限定し、家屋密集地や祭りや縁日のような大勢が集まる場所での飛行、危険物の輸送や物品の投下などについては事業者が事前に国土交通大臣の許可を受けなければならない。ただし、警察などが事故や災害で無人機を使用する場合は規制を受けない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中