2018年 8月 16日 (木)

幼児が大人の顔色を読むのは3~4歳から 京大が研究発表

印刷

   幼児は3~4歳ぐらいから周りの大人の顔色を読み取ろうとするという研究成果を、京都大教育学専攻科の明和政子教授と同大野生動物研究センターの平田聡教授らのチームがまとめて、2015年11月5日付の米科学誌「プロスワン」電子版に発表した。

   研究チームは、1歳と3歳半の幼児、20歳代の成人、そして大人のチンパンジーの「4人」に、女性がジュースをコップに注ぐ映像と、わざとジュースをこぼす映像の2種類を見せた。その際どこを見つめるか、視線がわかる「アイ・トラッカー」(視線自動計測装置)を使って記録した。

  • 子どもはいくつから大人の顔を読み始めるのか
    子どもはいくつから大人の顔を読み始めるのか

3歳児は大人のチンパンジーより「心」を読む

   人間は相手の顔をよく見るが、相手が予想通りの行動をすると相手の顔に注意を払わなくなる。しかし、相手が予想外の行動に出ると、その意図を読もうと顔色をうかがう。そういう知性が何歳から現れ、どう発達するか調べた。

   実験では、1歳児とチンパンジーは、ジュースをこぼした映像を見ても、こぼさない映像とほぼ変わらずジュースに目を向け、女性の顔に注意を向けなかった。しかし、20歳代の成人は、ジュースをこぼした女性の顔を注視する割合がこぼす前より明らかに増えた。3歳半の幼児も成人に近い反応を示した。

だから子育て中は、顔を見て話して

   この結果について明和教授はこうコメントしている。

「幼児が相手の心を推測する能力は、言葉でしっかりコミュニケーションが取れる時期より早く、3~4歳頃に身につくことがわかりました。子どもは顔を『見る』から『読む』へと能力を発達させていきます。子育て中はできるだけ顔を見て話しかけてください」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中