2018年 8月 19日 (日)

睡眠不足に低体重 全国10万人子ども調査から分かったこと

印刷

   3歳児の約3割が22時以降に就寝し、7%が睡眠不足――。環境省が毎年実施している「子どもの健康と環境に関する全国調査」から、こんな実態が浮き彫りとなった。

   調査は、全国の約10万人を対象に実施された。2016年1月6日の複数の報道によると、就寝時間が22時以降と答えたのは、1歳児で13%、1歳6か月で16%、3歳児は29%となった。また1日の睡眠時間が10時間未満の「睡眠不足」の3歳児は7%に達した。

   妊娠中の喫煙と、子どもの体重についても調査結果から明らかにされた。たばこを吸う女性から生まれた子は体重が平均2959グラムだったのに対して、吸わない女性の子は3096グラムと、喫煙を続けている女性の子は100グラム以上軽かった。妊娠初期に喫煙をやめた場合、子の体重は非喫煙者の女性の子より28グラム少なかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中