2019年 1月 21日 (月)

2週間運動をサボると筋力ガタ落ち 20代若者の体力が中高年並みに

印刷
数独ポータルはじめました!3問解いてAmazonギフト券ゲットしよう!

   脂肪はつきやすく落ちにくいが、筋肉はつきにくく落ちやすい――。この厳しい現実をはっきり見せてくれる研究を、デンマークのコペンハーゲン大学のチームがまとめ、2015年6月、国際医学誌「ジャーナル・オブ・リハビリテーション・メディシン」に発表した。

  • ふだんからマメに汗をかくことにつきる(写真はイメージです)
    ふだんからマメに汗をかくことにつきる(写真はイメージです)

入院状態と同じ条件をつくって実験

   それによると、たった2週間運動をしなかっただけで、若者は筋力の約3分の1、高齢者は約4分の1も失うという。

   実験には平均年齢23歳の若者17人と、平均年齢68歳の高齢者15人が参加した。研究チームは、参加者の足に固定器具を2週間つけて動かせないようにして、筋力と筋肉量がどれだけ低下するか調べた。

   同大学健康加齢センターのアンドレアス・ヴィジョル博士は「実際に病気やケガ、あるいは休暇が続いて体を動かさない状態が続くと、体力がどれだけ落ちるかわかっていなかったので、入院状態と同じ条件をつくりたかった」と実験の狙いを説明する。

戻すのに3倍の期間頑張っても難しい

   結果は驚くべきものだった。たった2週間だが、若者の筋力は平均で28%、高齢者は23%低下することが明らかになった。筋肉量は若者が平均485グラム、高齢者で250グラム減少した。もとの筋肉量が多い人ほど減り方が大きく、失った筋肉量は、若者は高齢者の2倍近くにのぼった。20代の若者でも2週間体を動かさないと、体力が40~50歳代並みに低下した。

   さらに研究チームは、参加者に2週間の運動禁止状態の後、週に3~4回の自転車トレーニングを6週間続けてもらい、体力の回復具合を調べた。その結果、若者は元の筋力が回復した人が多かったが、高齢者は回復した人がほとんどいなかった。年をとると筋肉を増やすのが難しくなり、2週間の運動不足は、3倍の期間頑張っても取り戻せなかったのだ。

   ヴィジョル博士は「高齢者は運動不足になると、一度失った体力を戻すのに時間がかかります。ふだんからマメに体を動かすことが大事です」と語っている。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中