2019年 9月 21日 (土)

便秘を放置すると死ぬかもしれないってホント?

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   便秘はつらい症状だが、「どうせ、そのうち出るサ」「お肌にはよくないけど、便秘で死んだという話は聞かないし...」などと放置されがちだ。実は、命にかかわる「危険な病気」につながるらしいことがわかった。

   東北大学大学院公衆衛生学分野の本藏賢治氏らのチームが、4日に1回以下しか排便しない人は、1日に1回以上排便する人に比べ、心筋梗塞や脳卒中などの循環器疾患で死亡する危険性が約1.4~2倍高いという研究をまとめた。論文は、国際医学専門誌「Atherosclerosis(動脈硬化症)」の2016年3月号に発表された。

  • こんな食生活で運動不足だと、便秘一直線(イラスト・サカタルージ)
    こんな食生活で運動不足だと、便秘一直線(イラスト・サカタルージ)

意外なことに便秘と大腸がんは関係ないけれど...

   循環器疾患とは、血液を全身に行き渡らせる臓器である心臓や血管が正常に働かなくなるすべての病気をいう。高血圧や心疾患(心筋梗塞・心不全)、脳血管疾患(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)、大動脈瘤など、心臓と脳の病気全般をさす。便秘と循環器疾患の死亡リスクとの関連を調べた研究は初めてだ。

   便秘は、ニキビや吹き出物などの肌の疾患や痔の原因になることはわかっているが、命にかかわる病気との関連は指摘されてこなかった。よく頑固な便秘による「宿便」が大腸がんリスクを高めるといわれるが、国立がん研究センターが約6万人を対象にした研究(2006年発表)によると、「週に2~3回しか排便がない人でも、毎日ある人との間で大腸がんの発症リスクに差がなかった」ということだった。むしろ、下痢症状のひどい人に直腸がんとの関連が認められた。

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中