三菱UFJ銀行が「仮想通貨」発行? そんなことできるのか

印刷

   三菱東京UFJ銀行が、独自の「MUFGコイン」の実用化に向けて、研究・開発を重ねている。

   仮想通貨は、一般に、「ビットコイン」が知られているが、三菱UFJが研究しているのは、IT技術を活用した金融サービス「フィンテック」の一環で、「分散型台帳」と呼ばれる「ブロックチェーン」技術が使われるという。

  • 三菱東京UFJ銀行の「MUFGコイン」は、仮想通貨なのか?
    三菱東京UFJ銀行の「MUFGコイン」は、仮想通貨なのか?

「1コイン=1円」で交換してスマホのアプリに

   2016年6月10日付の朝日新聞は、1面トップで、「独自の仮想通貨発行へ 一般向けに来秋 三菱UFJ 大手銀で初」と報じた。大手銀行による仮想通貨の発行が実現すれば、世界で初めてになるという。

   三菱東京UFJ銀行によると、「MUFGコイン」は、銀行内で担当部署が実用化に向けた実験を行っていた。コインをスマートフォンに取り込むアプリケーションの試作品を用いて、スマホによるコインのやり取りを検証、研究している。

   なかでも、コンピューターのネットワーク上で金融取引などの記録を低コストで管理できる新しい「台帳」技術である「ブロックチェーン」について、改ざんや二重取引の防止などの安全性の担保などを検証してきた。

   ブロックチェーンは、すべての取引記録をネットワークの参加者それぞれが保有して、お互いにデータの確かめることで改ざんや二重取引などを防ぐ仕組み。現行は、銀行が取引記録を集中管理して、改ざんなどがないか確認しているが、ブロックチェーンの技術が導入されれば、集中管理に必要な大型コンピューターはいらなくなり、システム投資を大幅に抑えられるという。

   「MUFGコイン」のイメージは、利用者が三菱東京UFJ銀行の口座にある預金を、「1コイン=1円」でコインに交換してスマホのアプリに取り込んで使う。利用者同士であれば、インターネットを通じて「送金」できたり、コインを取り込んだスマホをかざしたりすることで、コインのやり取りができるので、たとえば会食時に会費を集めたり、割り勘にしたりといった利用や、さまざまな店舗と提携して資金決済(支払い)にコインを使えるようにしたり、空港での外貨両替などにも利用したりすることが考えられる。

   利用手数料も、海外送金を含め、現行の送金(振込)手数料(3万円未満の現金、同一支店内の場合で216円)などと比べて、大幅に安くできる可能性がある。

   朝日新聞の報道に、三菱東京UFJ銀行は「実用化できればと研究を進めていますが、なかなか時間がかかります」と明かす。「法的な問題も整理する必要があると思いますし、自分たちだけではできないこともあります。(通貨の流通を考えれば)他行とも協力していくことも必要かもしれません」と話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中