石田純一、都知事選出馬の本気度 泡沫では終わらない?

印刷

   タレントの石田純一さん(62)が、東京都知事選(2016年7月14日告示、31日投開票)への立候補を検討している。

   石田さんは安全保障関連法廃止を訴えるグループ「SEALDs」が15年9月に行ったデモに参加するなど、タレントでありながら政治への関心が比較的高い。石田さんと親交が深いタレント・ヒロミさんらも「真剣だと思う」と、ただの思いつきとは捉えていない。

  • 石田純一さんは2015年9月に国会前で行われたデモで安保法案反対を訴えていた(写真:Yuriko Nakao/アフロ)
    石田純一さんは2015年9月に国会前で行われたデモで安保法案反対を訴えていた(写真:Yuriko Nakao/アフロ)

小倉智昭「小池百合子、蓮舫らも元はテレビ出身」

   石田さんは2016年7月7日夜、羽田空港でメディアの取材に応じた。その際、「まだ何も決めていないですけど、(立候補は)意識しています」と明言。政党からの立候補要請はなく、市民団体と調整を進めているとし、すでに動き出しているようだ。

   石田さんは、「次の世代のことをもっと考えて、やっていかなくちゃいけないと痛切に感じます」と述べ、重点政策に「子育て」を挙げている。また、安全保障関連法制への関心も深く、安保関連法案の審議が大詰めを迎えていた15年9月には、廃止に向けたSEALDsによる国会前の抗議デモに参加。かつての発言にちなんで「戦争は文化ではない」などと訴えていた。

   こうした石田さんの政治への関心をかねてから知っているヒロミさんは、8日放送の「白熱ライブ ビビット」(TBS系)に電話出演し、「色々ちゃんと見えている人で、頭も良い。(出馬を)真剣に考えているかもしれない」と話した。

   さらに、同日放送の「とくダネ」(フジテレビ系)で小倉智昭キャスターは、「またタレントか、って言う人がいるかもしれないが、小池百合子さんや蓮舫さんだって元々テレビ出身の方。タレントさんはしゃべる能力があるから政治家に向いている」と述べ、泡沫候補に終わらないと見ている。

芸能活動と妻・東尾理子さんの説得は?

   一方、石田さんはレギュラー番組4本に加え、多数のCMにも起用されている。これらへの対応については「クリアできていない」とし、不透明な状況だ。

   妻のプロゴルファー・東尾理子さんの理解が得られるかも分からない。理子さんからは「(立候補は)やめてよね」と言われたそうで、09年に結婚したときも「政治はやめて」と条件をつけられていたという。また、ここ数年では、家族でPRイベントへの露出を増やしていた。

   石田さんは、8日か11日にも「何らかのアクションを」と、正式な意思表明を行うことを匂わせている。

   石田さんは1996年、ファッションモデルとの不倫が発覚。経緯をメディアから追及されて「文化や芸術といったものが、不倫という恋愛から生まれることもある」などと答え、この発言が「不倫は文化」という単語で繰り返し伝えられた。

   97年4月には「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日)のキャスターに就任したが、その後も不倫現場を写真週刊誌に撮影され、98年4月に降板していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中