2019年 1月 20日 (日)

ショック体験の前後は記憶が鮮明 「震災直前のランチ」覚えている理由

印刷
数独ポータルはじめました!3問解いてAmazonギフト券ゲットしよう!

   富山大学の井ノ口馨教授らの研究グループは2016年8月1日、普段ならすぐに忘れてしまう些細な出来事でも、その前後にショッキングな体験をした場合には長く記憶される仕組みを、マウスを用いた実験で解明したと発表した。研究論文は同日付の英科学誌「Nature Communication」(電子版)に掲載された。

   発表資料によると、ショッキングな体験と、その前後のちょっとした出来事との記憶は結びつきやすく、「東日本大震災が起こる前のランチで何を食べたかなど、震災前後のささいな出来事を覚えている人が多い」と例示した。この時、それぞれの記憶に関わる脳の神経細胞集団「記憶エングラム」同士が大きく重なり合っていることをマウス実験で発見した。また、記憶を思い起こすには記憶エングラムの活動が必要だが、ショッキングな体験の記憶エングラムを抑制したところ、些細な出来事も思い出せなくなっていた。

   将来的には、トラウマ体験の記憶エングラムを抑制することで、それと結びついてしまった前後の無関係な日常体験の記憶を切り離し、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療に応用できる可能性があるという。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中