2018年 12月 12日 (水)

「食後すぐゴロ寝」でダイエット 肝臓を下にする寝方を覚えよう

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

【林先生が驚く初耳学!】(TBS系)2016年7月31日放送
「定説が崩壊!食後のゴロ寝は痩せる」

   「食べた後にすぐ横になると牛になるよ!」――親からこうして怒られた経験、ないだろうか。もとは行儀の悪さをいましめる言葉だが、最近では太るのを避けるためととらえる人も多い。

   この説、実は真逆。食後に「正しいゴロ寝」をすれば、痩(や)せやすい体を作れるのだ。

  • 寝方の工夫ひとつでやせやすく
    寝方の工夫ひとつでやせやすく

ポイントは「基礎代謝」

   「ゴロ寝ダイエット」には肝臓が大きく関わっている。

野村消化器内科・野村喜重郎院長「肝臓の血液の流れが良くなると、体の基礎代謝率がぐんとアップするんです」

   基礎代謝とは、呼吸や消化などで無意識に使われるエネルギーを指す。肝臓は人体の中で基礎代謝を使う量が最も多く、肝臓を活発に動かせば、それだけ体内のエネルギーが消費される。

   食後は胃や腸から肝臓へ流れる血液量が増え、肝臓にエネルギーが蓄積された状態になる。そのエネルギーを効率よく消費してくれるのが「正しいゴロ寝」なのだ。

長時間のゴロ寝は逆効果

   正しいゴロ寝のポイントは3つ。

   (1)肝臓が下に来るよう、体の右側を下にして横向きに寝る。

   (2)頭と足を30センチほど上げ、肝臓が体で一番低い位置になるようにする。こうすると重力で血液の流れが肝臓に集中し、肝臓が活性化される。

   (3)時間は15~30分間にする。長時間ゴロ寝すると肝臓が休息状態になり、エネルギーが消化されず脂肪として蓄積されてしまうので要注意だ。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中