2018年 7月 20日 (金)

「体操女子日本選手はピカチュウ」発言 差別?ポケモンGOブームに乗っただけ?

印刷

   リオデジャネイロ五輪に出場した体操女子の日本人選手を「ピカチュウ」と評したフランスのテレビ解説者が批判にさらされ、謝罪に追われる騒動があった。

   発言に対しては「人種差別的だ」との意見が寄せられたが、当の日本のネットユーザーたちは報道を受け「人種差別...なの?」と疑問の声が上がり、仏国内の騒動とは裏腹にあまりピンと来ていないようだ。

  • 4位に入賞した日本体操女子団体(写真:田村翔/アフロスポーツ)
    4位に入賞した日本体操女子団体(写真:田村翔/アフロスポーツ)

人種差別の意図は全くなかったことを強調

   AFP通信や現地メディアなどによると、問題のコメントを発したのは仏公共放送フランス・テレビジョンのチャンネル「フランス2」でゲスト解説を務めていたThomas Bouhail氏。2008年北京五輪の体操男子・種目別跳馬で銀メダルを獲得した人物だ。

   体操女子の団体決勝が行われた2016年8月9日(日本時間10日)、Bouhail氏は日本人選手がチームメートとハイタッチしたり、飛び跳ねて抱き合ったりする様子を見て、こんな趣旨の発言をしたという。

「まるでマンガのようだ。みんな嬉しそうに笑っていて、至る所に小さなピカチュウがいるみたい」

   ピカチュウは、日本発のゲーム・アニメ「ポケットモンスター」の人気キャラクター。黄色くて可愛らしい姿の「ねずみポケモン」で、世界中でブームを巻き起こしているゲームアプリ「ポケモンGO」にも登場する。

   本人がどんな意図で発言したのかは不明だが、放送直後からネット上では「人種差別的」との批判が上がるようになった。黄色人種を揶揄(やゆ)したものと解釈されたようだ。

   現地報道によると、Bouhail氏は2日後、番組内で発言を謝罪。批判されているような人種差別の意図は全くなかったことを強調しつつ「もし私の発言が誤解され、誰かを傷付けたなら、日本の女子チームにお詫びする」とした。

   また、以前には日本チームと練習をしたことがあり、日本文化にも親しんでいることを説明したという。

茂木健一郎「別になんとも思わない」

   「小さなピカチュウ」発言は日本国内でも報じられ、注目を集めた。

   ただ、ネット上で目立つのは「とんでもない発言だ!」「許せない!」といった怒りの声ではなく、「ピカチュウはもともと小さい」というツッコミと、

「何がダメなの?ピカチュウかわいいやん...」
「これ...むしろありがとう的な気がしたけど駄目かな」
「とりあえずポケモンGOの流行りにのっただけな気がする」

といった、深刻にはとらえていないコメントだ。

   脳科学者の茂木健一郎さんも10日、自身のツイッターで「小さなピカチュウって言われても、別になんとも思わないよ。言う方と言われる方、どっちがクリエイティブだと思う?」とコメント。

   タレントの椿姫彩菜さんも同日、「小さなピカチュウたちって表現は優しくて強くてチャーミング、っていうピカチュウという最高の褒め言葉にしか聞こえないんだけどうがった見方する人がそんなにいるの...?」とツイートした。

   ただ「フランス2」では、2012年にも東京電力福島第一原発事故を笑いのネタにするような発言があり、物議を醸した。サッカー日本代表(当時)のGK川島永嗣選手の凄腕ぶりを表現すべく、腕を4本にした合成写真をパロディーとして映し出したのだが、この際、司会者が「福島の影響だろう」という「冗談」を飛ばしたのだ。

   司会者はその後、ツイッターで「日本も、福島の犠牲者も揶揄したことは決してない」と主張し、発言を訂正することはなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中