2018年 10月 21日 (日)

飲めますか?「ゴキブリのミルク」 栄養価は牛乳の4倍の「完全食品」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   栄養価が極めて高いゴキブリのミルクが、人類の食糧危機を救うかもしれない――。そんな研究成果が、インドを中心とする国際共同チームによってまとまり、国際結晶学会誌の2016年7月号に発表された。

   2016年7月28日、CNNなど複数の海外メディアが報道した。

  • ミルクを出すゴキブリもいる(写真はイメージ、本文とは関係ありません)
    ミルクを出すゴキブリもいる(写真はイメージ、本文とは関係ありません)

飲んでみると「特に味はしなかった」そうだが...

   CNNによると、研究チームが調べたのは「ディプロプテラ・プンクタータ」という胎生のゴキブリの仲間だ。卵を生まず、カンガルーのように幼虫を袋に入れて育てる。母親が幼虫のエサとして袋の中に分泌する「ミルク」の結晶を取り出し成分を調べたところ、タンパク質や必須アミノ酸、脂質、糖類など人間の食品に欠かせない栄養素がほとんど含まれていた。栄養価が非常に高いため、幼虫はほかの種類のゴキブリよりもずっと大きく育つ。

   研究リーダーのインド人の細胞生物学者レナード・チャバス博士によると、「これは完全食だ。このミルクのエネルギー量は水牛の乳の約3倍、乳牛の乳の約4倍に相当する」という。ただし、ゴキブリから「搾乳」して飲むのは難しいため、より適した生物にタンパク質などの遺伝子を移し変え、ゴキブリミルクの大量生産につなげることを目指す。

   ちなみに、同僚とのクジに負けゴキブリミルクを飲んでみたというチャバス氏は「特に味はしなかった」とコメントしている。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...