2018年 11月 14日 (水)

日本最古のジェットエンジンからMRJまで 国際航空宇宙展始まる

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   航空宇宙分野の展示会「国際航空宇宙展」が2016年10月12日、東京ビッグサイト(江東区)で開幕した。開催は12年以来4年ぶりで、首都圏開催は08年(パシフィコ横浜)以来8年ぶり。

   展示会は、1966年に航空自衛隊の入間基地で「国際航空宇宙ショー」として開かれたのが最初で、数年に1回のペースで開かれている。今回は31の国と地域から過去最多の792社・団体が出展。日本に未上陸の最新鋭機の実物大模型や、日本最古のジェットエンジンなどが展示されている。

  • F-35戦闘機の実物模型はコックピットも見学できる
    F-35戦闘機の実物模型はコックピットも見学できる
  • IHIが展示した「ネ20」。日本最古のジェットエンジンだ
    IHIが展示した「ネ20」。日本最古のジェットエンジンだ
  • MRJの客室部分の実物大模型。実機は米国で試験飛行が予定されている
    MRJの客室部分の実物大模型。実機は米国で試験飛行が予定されている
  • エアバスグループは新型機種「H160」の実物大模型をアジアで初めて展示した
    エアバスグループは新型機種「H160」の実物大模型をアジアで初めて展示した
  • 主催者は4万人の来場を見込んでいる
    主催者は4万人の来場を見込んでいる

ロッキードF-35実物大模型に長蛇の列

   会場内には様々な飛行機、ヘリコプター、ロケットなどの模型が展示されている。展示のうち最も「大物」が、屋外に米ロッキード・マーティン社が展示している最新鋭主力戦闘機「F-35」の実物大模型だ。F-35は近く航空自衛隊に配備予定で、9月にはテキサス州の工場で自衛隊に納入する1号機を公開したばかりだ。実物大模型はコックピット(操縦席)も作り込まれ、関係者向けの公開が始まってすぐに長い列ができていた。

   仏エアバスグループは、新型の12人乗りヘリ「H160」の実物大模型をアジアで初めて展示。同社のヘリは、かつては「ユーロコプター」の名前で知られていたが、14年に「エアバス・ヘリコプターズ」に社名変更。H160は今の社名になってから初めての新機種だ。すでに試作機が2機完成しており、19年の顧客への引き渡しを目指す。

初のジェット戦闘機「橘花」のエンジン「ネ20」

   国内勢では、かつては「石川島播磨重工業」として知られたIHIが、これまでに開発したエンジンの実物を展示。目玉は戦時中の初の国産ジェットエンジン「ネ20」だ。日本が初めて開発したジェット戦闘機「橘花」に搭載され、太平洋戦争末期の1945年8月に試験飛行を成功させた。直後の終戦で「ネ20」はことごとく破壊されてしまったが、少なくとも5基が米国にわたり、そのうち1基が日本側に返還された。普段はIHI社内の資料館で展示されており、久々の一般向け公開となった。

   三菱航空機は、今後北米で試験飛行が予定されている三菱リージョナルジェット(MRJ)の、客室部分の実物大模型を展示。来場者は実際のシートに座って、機内の広さを確かめるなどしていた。

   14日までは業界関係者向けに開催され、最終日の15日に一般公開される。宇宙飛行士の山崎直子さんによる講演会や、日本航空(JAL)や全日空(ANA)による航空教室が予定されている。主催者は4万人の来場を見込んでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中