あらゆる小説のパターンは6つだけ ビッグデータでわかった物語の醍醐味

印刷

   私たちは多くの小説を読んでは泣いたり、笑ったり、ワクワクしたり、考えさせられたり......。1つ1つの物語に自分の人生を照らし合わせ、小説世界の広がりが無限にあるように感じるが、実は、あらゆる小説の基本的なパターンはわずか6つしかないという。

   そんな研究を米バーモント大学の言語学と情報学のチームがまとめ、コンピューター情報専門誌「EPJデータサイエンス」(電子版)の2016年11月4日号に発表した。

  • シンデレラの物語は何型?
    シンデレラの物語は何型?

物語には「感情ライン」のカーブがある

   論文によると、研究チームは、『猫のゆりかご』『スローターハウス5』などの代表作でおなじみの米国の現代作家カート・ヴォネガット(1922~2007年)の仕事に触発され、今回の研究を始めた。ヴォネガットは大学の修士論文で「あらゆる小説は、物語の感情的なラインに類似性がある」と主張した。

   たとえば、男と女が出会って恋におち、別れる物語があるとする。最初は何事もなく物語が進むと、「物語の感情ライン」は平たんな横線を描く。しかし、出会いの場面から盛り上がり、「物語の感情ライン」は上昇カーブに転じる。恋の高まりがピークに達した後、冷めてくるとカーブは下降線となり、最後の別れで平坦な横線に戻る。つまり、物語は「山型」のカーブを描くわけだ。このように、あらゆる小説の「物語の感情ライン」のカーブを分析すれば、パターン化できるというのがヴォネガットの理論だった。

   そこで、研究チームは、名作をインターネット上で公開する文学デジタル化の草分け「グーテンベルク・プロジェクト」の小説約5万冊の中から、英語で書かれた小説1327冊を対象に選んだ。この中には、『ハリーポッターと死の秘宝』『ドリアン・グレイの肖像』『ギリシャ神話』『グリム童話集』『シェイクスピア全集』など古典から現代のベストセラーまで含まれている。

「シンデレラ型」と「オイディプス型」の違い

   そして、コンピューターのビッグデータを使い、「物語の感情ライン」を次の3つのフィルターにかけて抽出した。

(1)ストーリーの進行とともに現れる感情的表現(登場人物たちの愛・怒り・悲しみ・喜び)の量と種類を分析し、数値化する。
(2)感情的ではない表現(情景描写・背景説明など)を明確にし、(1)の感情的表現と分ける。
(3)ストーリーとは無関係な部分を削除し、あらすじの骨格を浮き彫りさせる。

   その結果、対象に選んだすべての小説のストーリーを単純化することができ、次の6つの物語に集約されることがわかった。

(1)貧しい者が金持ちになる成功物語(一方的な上昇)。
(2)金持ちが貧しい者になる転落物語(一方的な下降)。
(3)穴の中に落ちた人間の物語(下降して上昇)。
(4)ギリシャ神話のイカロス型の物語(翼を得て飛翔するが、太陽に近づきすぎて墜落。上昇して下降)
(5)シンデレラ型の物語(王子に見初められるが継母にいじめられ、最後は王子妃に。上昇し下降しまた上昇)。
(6)ギリシャ神話のオイディプス型の物語(父王を殺し王になって母と結婚するが、真実を知り盲目に。下降し上昇しまた下降)

『ハリーポッター』には18カ所のヤマ場が

   もちろん、多くの小説はこれらのパターンのバリエーションだ。たとえば、『ハリーポッターと死の秘宝』は、(5)のシンデレラ型だが、小説の進行につれ、「上昇→下降→上昇」の物語の感情ラインの変化を計18回も繰り返す。そのつど読者はジェットコースターに乗ったようにドキドキワクワクを繰り返すから、人気があるわけだ。

   今回の結果について、同大のアンドリュー・レーガン博士は、論文の最後で「AI(人工知能)を使って偉大な過去の作品を分析することは、より深く理解し楽しむ助けになると思います」とコメントしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中