2019年 9月 20日 (金)

つるの剛士と鈴木おさむは「イクメン」嫌い 「その言葉に苦しむ男性もいる」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「男性が育児するのが当たり前になり、イクメンという言葉がなくなる世の中になってほしい」。タレント・つるの剛士さんが、子育てイベントでこう訴えた。同席した作家の鈴木おさむさんは、「イクメンという言葉で苦しむ男性もいます」と後に続いた。

   「イクメン」という言葉が世の中に広まるにつれ、プレッシャーを感じる父親もいるようだ。近頃では「イクメンブルー」という現象まで起きている。

  • 子育てについて話したつるの剛士さん(左)と鈴木おさむさん
    子育てについて話したつるの剛士さん(左)と鈴木おさむさん

家庭と職場の板挟みになり「イクメンブルー」に

   つるのさんと鈴木さんは2016年12月1日、「第9回 ペアレンティングアワード授賞式」に出席し、その年の育児業界に影響を与えた人物として表彰された。そこで、男性の育児参加が話題にのぼった。5人の子どもを持ち、育児休業を経験したつるのさんだが、

「僕はイクメンという言葉がなくなって、男性が育児するのが当たり前になってほしい。ご近所さんには『つるのパパがイクメンとか言われるからさ、ウチもやりにくいんだよ!』なんて言われますが」

と笑って話した。鈴木さんも15年6月に第1子が生まれてから、子育てと、「父親になるための勉強」期間として1年間休暇を取った。その中で、

「『イクメン』と呼ばれて苦しむ男性もいるんですよね」

と知ったという。

   鈴木さんはイベント終了後に更新した12月1日付のブログで、つるのさんのイベントでの発言について「育児に父親が参加し、奥さんをフォローし、それがイクメンと言葉で持ち上げられるのではなく、普通になる・・そんな世の中になったらいいなという思いだと思うんです」と推し量った。

   「イクメン」は育児を積極的に行う男性を指して2010年ごろから登場し、同年の「ユーキャン新語・流行語大賞」でトップ10入りすると一層認知された。厚生労働省は、男性の育児参加、育休取得の促進をねらった「イクメンプロジェクト」を2010年から開始している。

   一方で鈴木さんが述べたように、言葉が広まるにつれて、世の中の風潮として「イクメンにならなければならない」とプレッシャーを感じ、苦しむ男性もいるようだ。2016年11月30日放送「おはよう日本」(NHK)では、仕事と家庭の両立に悩み、メンタル面で不調をきたす父親を「イクメンブルー」として特集した。ある男性は、育児に関わりたいと思いながら、「奥さんにやってもらえ」と職場の理解を得られなかった。妻もフルタイムで働いているため余裕がなく、「もっと育児を担ってほしい」と求められ、男性は家庭と職場の板挟みになって次第に追い詰められていったという。

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中