2018年 11月 16日 (金)

涙を流す「ミッフィー」が... 生みの親ブルーナ氏死去

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ウサギのキャラクター「ミッフィー」の生みの親の絵本作家・グラフィックデザイナーのディック・ブルーナ氏が2017年2月16日(現地時間)、故郷であるオランダのユトレヒトで亡くなった。ミッフィーのオフィシャルサイトが17日、発表した。89歳だった。

   ブルーナ氏は1927年生まれで、デザイナーとして活躍した後、53年に絵本作家としてデビュー。60年のキャリアの中で、124冊の絵本を手掛けた。55年に発表したミッフィー(原題ナインチェ・プラウス)シリーズは、現在では50か国語以上に翻訳され、世界中で8500万部以上発行されている。2015年にはミッフィー誕生60周年が記念され、展覧会も開かれた。

  • Illustrations Dick Bruna (C) copyright Mercis bv, 1953-2017 www.miffy.com
    Illustrations Dick Bruna (C) copyright Mercis bv, 1953-2017 www.miffy.com
  • PHOTO: F. Andre de la Porte
    PHOTO: F. Andre de la Porte

「今もミッフィーを愛しています」

   ミッフィーは、日本では1964年に「ちいさなうさこちゃん」として翻訳、出版され、子供たちから人気を集め、これまでに5000万部以上が発行された。

   日本との関わりも深く、東日本大震災の際には、励ましのメッセージを添え、大粒の涙を両目から流すミッフィーのイラストを日本に送っていた。

   ブルーナ氏の公式サイト、フェイスブック、ツイッターなどは2月18日昼現在、涙を流すミッフィーの画像がトップになっている。

   英語版公式フェイスブックページの死去の報告は、1000件以上シェアされている。世代を超えて愛されるミッフィーへの感謝と、悲しみのコメントが、

「ミッフィーを連れてきてくれてありがとう。彼の魂が安らかに眠れますように」
「何年もミッフィーのことを愛しているし、今では私の子供たちもミッフィーのファン。とても影響力のある画家でした」
「私が生まれた時、初めて母からもらったものがミッフィーだった。ベッドの中にも連れて行って、朝起きると最初に目にするのがミッフィーでした。今もミッフィーを愛しています」

などと寄せられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中