トランプ演説、CNN視聴者調査の意外な反応 7割「米国は正しい方向に」

印刷

   米国のトランプ大統領が2017年2月28日(米東部時間、日本時間3月1日)、議会上下両院の合同会議で初めて行った施政方針演説では、メキシコ国境沿いの壁建設を「まもなく」(soon)開始することや、環太平洋経済連携協定(TPP)からの離脱を改めて表明するなど、選挙公約に掲げた「アメリカ・ファースト」を強調する内容になった。

   一方で、軍事費の増強や1兆ドル(約113兆円)のインフラ投資の意向も表明した。これに対し、トランプ氏が「ウソニュース」呼ばわりしているCNNの視聴者調査でも、57%の人が演説を「非常に肯定的」に受け止め、69%が「正しい方向に向かう」と回答した。

  • トランプ大統領の演説に対する評価は意外に高かった(写真はホワイトハウスの動画から)
    トランプ大統領の演説に対する評価は意外に高かった(写真はホワイトハウスの動画から)
  • スタンディングオベーションをする議員はまばらだった(写真はホワイトハウスの動画から)
    スタンディングオベーションをする議員はまばらだった(写真はホワイトハウスの動画から)

オバマケア撤廃にはブーイングも

   トランプ氏の演説では、

「私の仕事は世界を代表することではなく、私の仕事は米国を代表することだ」
「イスラム過激派組織から米国を守るために強い措置を取る」

などと「アメリカ・ファースト」を強調する文言を述べるたびにスタンディング・オベーション(立ちながらの拍手)が起こったが、通常のように全員ではなく、オバマケアの撤廃を述べたときには、民主党からのブーイングも起こった。

   演説の内容について、CNNと調査会社ORCインターナショナルの合同視聴者調査によると、演説について57%が「非常に肯定的」に受け止めたと回答。21%が「どちらかといえば肯定的」で、「否定的」だと答えたのは21%だった。

   トランプ氏の政策で米国がどうなるかについては、69%が「正しい方向に向かう」、26%「誤った方向に向かう」と回答。同じ質問を演説前にしたところ、「正しい方向に向かう」と答えたのは58%だった。演説で11ポイント評価が高まったことになる。

   演説を聞いてどう感じたかについては、「さらに楽観的になった」が69%、「さらに悲観的になった」が28%だった。

CNN「演説を見る人は、演説する人を支持する傾向」

   調査は、事前に演説を見ることを明らかにしていた人を対象に行われた。そのため、米国人全体を対象とした通常の世論調査とは性質が異なる。CNNでは、

「こういった演説を見る人は、演説する人を支持する傾向がある」

とも説明している。

   なお、09年のオバマ前大統領、01年のブッシュ元大統領の初の施政方針演説を「非常に肯定的」に受け止めた人の割合は、それぞれ68%、66%だった。歴代大統領には及ばないものの、CNNでは今回も「かなり良い数字」だと伝えている。

   一方、演説では早くも事実関係の誤りが指摘されている。トランプ氏は

「全米科学アカデミーによると、今の移民システムは、1年に数十億の負担を米国の納税者に強いている」

と述べたが、AP通信は

「アカデミーの報告書の内容を正確に反映していない。報告書では、移民が『納税し、公共サービスを利用して支出を増やすことで政府の財政に貢献している』とある」

と指摘。具体的には、「1世」は政府にとって高くつくが、2世以降は経済、財政面で貢献しているなどと説明している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中