渡瀬恒彦さん死去 演技派の俳優「十津川警部」

印刷

   テレビや映画で演技派として活躍した俳優の渡瀬恒彦さんが2017年3月14日、死去した。72歳だった。

   15年に胆のうがんを手術し、いったん復帰したものの、最近は芸能活動を控えていた。俳優の渡哲也さんは3歳年上の兄。プロテニスプレイヤーの錦織圭さんは遠縁。

  • 渡瀬恒彦さん(画像は所属事務所「東映マネージメント」ウェブサイトより)
    渡瀬恒彦さん(画像は所属事務所「東映マネージメント」ウェブサイトより)

渡哲也さんは3歳上の兄

   淡路島で小中学校時代を過ごし、早大法学部に進む。広告代理店に務めていたが、すでに兄が日活の青春スターとして人気を博していたこともあって、映画界入りを強く誘われ東映に。70年、「殺し屋人別帳」の主役としてデビュー。「仁義なき戦い」シリーズや「狂った野獣」「暴走パニック 大激突」などアクション映画やヤクザ映画に多数出演した。

   78年の「赤穂城断絶」や「事件」でキネマ旬報等助演男優賞、ブルーリボン賞助演男優賞、日本アカデミー賞最優秀助演男優賞などを受賞。さらに80年の「震える舌」でキネマ旬報主演男優賞受賞したことで演技派としての評価が高まった。

   その後も「セーラー服と機関銃」「南極物語」「時代屋の女房」「釣りキチ三平」など多彩な作品に出演した。

   テレビではNHKの大河ドラマのほか、連続テレビ小説「おしん」や「ちりとてちん」。民放では伊東四朗さんとのコンビで約23年続いた「十津川警部」のほか、「おみやさん」「警視庁捜査一課9係」「世直し公務員ザ・公証人」「北アルプス山岳救助隊・紫門一鬼」など長期シリーズ作品での活躍が目立った。

事故をきっかけに芸域広げる

   撮影現場での渡瀬さんは「プロ中のプロ」と言われた。大量の台詞を完璧に覚えており、撮影に集中し、ほとんど無駄話をしない。どんなに若いスタッフでも、職種ではなく名前で呼ぶ。アクションシーンでは代役を立てることを好まず、基本的にスタントは自分自身で演じていた。

   77年「北陸代理戦争」の撮影で、ジープのハンドルを切り損ねて大けがをしたことでアクションを控えるようになり、むしろ芸域が広がった。時代劇からホームドラマまで役柄の引き出しの多い俳優として知られ、2010年、テレビドラマ「やまない雨はない」で鬱病の主人公を演じたときは「迫真の演技」と称賛された。

   73年、女優の大原麗子さん(1946~2009)と結婚したが、78年に離婚。2004年の十津川警部シリーズ 東北新幹線「はやて」殺人事件」で26年ぶりに共演した。渡さんとは11年のTBSの年末スペシャルドラマ「帰郷」で40年ぶりに兄弟共演して話題になった。

   15年に胆のうがんの手術をした後、経過は順調と言われ、「おみやさん」の撮影も再開していた。しかし16年秋、ライフワークの「十津川警部」を降板、体調が心配されていた。17年1月に松方弘樹さんが亡くなった時は、「年齢も近く、東映の撮影所でともに育ってきました。今は言葉がでません」と朝日新聞にコメントしていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中