C-3POの下半身「裏話」 スター・ウォーズ俳優が披露

印刷

   人気映画「スター・ウォーズ」シリーズ全8作品の全てに唯一出演していることで知られる俳優、アンソニー・ダニエルズさん(71)が2017年3月20日、全日空(ANA)の特別塗装機のお披露目イベントに登場し、映画にまつわる「裏話」を次々に披露した。

   ダニエルズさんは、人気キャラクター「C-3PO」を演じているが、撮影中に転んでC-3POの人形の下半身を壊し、壊れていない上半身だけで撮影を続行したり、バッテリーがショートして感電死しそうになったりと、かなり際どい状況で撮影が行われていたことを明かした。

  • 左から2番目がアンソニー・ダニエルズさんが演じた「C-3PO」、右から2番目がアンソニー・ダニエルズさん
    左から2番目がアンソニー・ダニエルズさんが演じた「C-3PO」、右から2番目がアンソニー・ダニエルズさん
  • 「R2-D2」(右)と「C-3PO」(左)
    「R2-D2」(右)と「C-3PO」(左)
  • お披露目された特別塗装機「C-3PO ANA JET」
    お披露目された特別塗装機「C-3PO ANA JET」
  • アンソニー・ダニエルズさんと「R2-D2」
    アンソニー・ダニエルズさんと「R2-D2」

つまづいて左下半身が壊れ、上半身だけを撮影

   この日の発表会では、C-3POを描いた国内線向けの特別塗装機「C-3PO ANA JET」(ボーイング777-200型機)がお披露目された。17年12月には第8作「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」が公開予定されることもあって、過去の作品の「裏話」にも花が咲いた。最初にダニエルズさんが例えに出したのが、日本の文楽だ。エピソード1~3(1999~2005年公開)では、ダニエルズさんが中に入ったC-3POは後ろから操り人形のようにして操作していたといい、

「日本の文楽をご想像いただければ分かると思うが、自分の体の前面に人形をくっつけて撮影していた。頭、肩、腰、ひざ、つま先のすべてがくっついていた。ケーブルでつながっていたからだ」

と振り返った。こういった操作方法だっただけに「人形は非常に重く、操作が難しかった」といい、トラブルも起こった。床がでこぼこになっている惑星のセット上での撮影で、違うアングルで撮影するために同じ演技を4回ほど繰り返し、5回目の演技でアップのシーンを撮影。その際、足が石につまづいて、左側に倒れ込んでしまった。ダニエルズさん本人は無傷だったが、人形の左下半身はぐちゃぐちゃになってしまった。ダニエルズさんは

「世界中、銀河系でその1体しかなかったのに、私がつぶしてしまった」

と非常にショックを受けたが、アシスタントから返ってきた言葉は「このシーンはアップで撮るよね?」。アシスタントは人形を上下に切り離してしまった。下半身がないC-3POを抱えながら撮影を続行し、カメラが下半身を撮ることはなく、「見事なシーンができあがった」という。

バッテリーがショートし、感電しそうに

   ダニエルズさんの身に危険が及んだこともあった。お披露目された飛行機のデザインに触れる中で、

「飛行機の底面にはC-3POのバッテリーパックがデザインされているが、この(C-3POに装着されている)バッテリーパックは実は本物で、C-3POの目を光らせるための電源が入っている」

と説明。このバッテリーがくせ者で、

「スーツを着ることは決して快適ではなかったが、ある日、もっとひどいことが起きた。背中がものすごく痛く、『痛い、痛い』とスタッフに訴えた。何とスーツの中でバッテリーがショートしていた。危うく感電死するところだった」

と、苦笑いしながら振り返り、最後には、

「フォースとともにあらんことを」

と日本語であいさつし、笑顔を見せていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中