人工知能がプロ野球予想 セ・リーグ最下位は阪神

印刷

   プロ野球のペナントレースが2017年3月31日にいよいよ開幕する。スポーツ各紙やテレビ各局の直前特集では、評論家によるセ・パ両リーグの「順位予想」が盛んに行われている。

   そんな中、熱心なファンの間で注目されているのが、野球について学習した「人工知能(AI)」による順位予想だ。過去10年のさまざまな成績指標に、最新のデータ分析技術を掛け合わせて導き出されたシーズンの展望は、はたしてどんな結果になったのか。

  • ズノが予想した「セ・リーグ」順位
    ズノが予想した「セ・リーグ」順位
  • 「パ・リーグ」は日ハム1位との予想に
    「パ・リーグ」は日ハム1位との予想に

「300万球」分の公式戦データを学習

   セ・パ両リーグの順位を予想したのは、広告大手・電通の制作チームが開発を担当した「ZUNO(ズノ)」というスポーツ解説システムだ。

   世界トップのプロ棋士を破ったことで大きな注目を集めた「AlphaGO(アルファ碁)」にも採用された「ディープラーニング」という機械学習技術を応用。2004年から記録されているプロ野球公式戦の全打席データを学習することで、投手の配球などを統計的に予測できるという。

   300万球分の配球データを学習したズノの予測によれば、日本ハムと西武の開幕戦1回オモテ、有原航平投手(日ハム)が投じる初球は「インコースのストレート」になる確率が最も高いという。

   そんなズノは、17年のペナントレースの順位予想も行っている。過去10年の各チームの主要な選手成績を分析した指標を掛け合わせ、まずは「総得点」と「総失点」を算出。この2つのデータを、セイバーメトリクス(野球統計)の分野でよく使われる特殊な数式にあてはめ、各チームの「勝率」を予測した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中