2018年 11月 18日 (日)

ライター「残り火」に気を付けて 絶えぬ事故に注意呼びかけ

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   消費者庁と国民生活センターは2107年6月1日、ライターの事故について注意を呼びかけた。

「残り火」による火災や放置による爆発などの報告が絶えないという。

消費者庁と国民生活センター

 

   消費者庁には、同庁発足の09年9月から17年3月までの約7年間に、ライターに関する事故情報が計722件寄せられている。発生件数は年を追って減少しているが、使用後の残り火、子どもの火遊び、自動車内放置―などによる事故が継続して発生しているという。

 

   種類別件数では「残り火」による事故が209件で最も多く、大半は使い捨ての製品が原因。次いで「使用中の大きな火」116件、「自動車内での事故」55件、「保管中の破裂」52件、「保管中の発火」43件―などだった。

   使い捨てライターは、砂や繊維など異物がノズルの周辺に詰まり着火レバーが戻らなくなって「残り火」となる場合がある。15年6月、使い捨てライターを使用後に衣服のポケットに入れていたところ衣服が燃えてやけどを負い病院で死亡した例がある。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中