モスクワ国際バレエで日本人が男性シニア金賞 24年ぶりの快挙

印刷

   第13回モスクワ国際バレエコンクールの最終審査が、ロシア・モスクワのボリジョイ劇場で2017年6月19日(現地時間)行われ、男性シニア部門のデュエットで大川航矢さん(25)が金賞に輝いた。大川さんと共に踊った寺田翠さん(24)は、女性シニア部門のデュエットで銅賞を獲得した。公式発表は19日18時の時点でされていないが、複数のメディアが関係者の話として報じた。

   同コンクールは4年に一度開かれる世界有数のバレエコンクール。二人はロシアのタタール国立歌劇場バレエ団に所属している。日本人がシニア部門で金賞を受賞するのは、1993年の岩田守弘さん以来の快挙となる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中