2020年 9月 29日 (火)

ニオイが「元気の素」らっきょうパワー 血液サラサラ、疲労回復、がん予防も

あのやずやの『にんにくしじみ』が半額に!?

【健康カプセル! ゲンキの時間】(TBS系)
血液サラサラ、らっきょうの健康パワーを産地鳥取に探る!

   キラキラ光って「生きた宝石」とも呼ばれるらっきょうには、健康のエキスがいっぱい詰まっている。夏野菜のらっきょうは6~7月が旬だ。

   番組では、らっきょうの出荷量日本一の鳥取県福部町を訪れて、地元のらっきょう農家の人々から簡単手軽な「らっきょう料理」の数々を教えてもらった。

  • 「生きた宝石」と呼ばれるらっきょう
    「生きた宝石」と呼ばれるらっきょう
  • 「生きた宝石」と呼ばれるらっきょう

ゴボウの5倍もある水溶性食物繊維

   番組リポーターのお笑い芸人・えとう窓口は、らっきょう農家の香川さんの畑で、とれたてのらっきょうを食べさせてもらった。

えとう「う~ん、美味しい。辛さの中に繊細さを感じる味ですね」
香川さん「これからの時期はらっきょうのニオイが村中にするようになります。そのニオイが健康のもとになるんです。みんな風邪を引かなくなります」

   ニオイが健康のもととはどういうことか。京都光華女子大学でらっきょうの健康パワーを研究している廣田孝子教授がこう解説した。

廣田教授「らっきょうのニオイ成分はアリシンといい、血液をサラサラにするほか、免疫力を高め、風邪の予防が期待できるのです。また、抗がん作用があるといわれ、特に胃がんに効果があるといわれています。それに、らっきょうは食物繊維が野菜の中でトップクラスです。ゴボウの5倍多く含まれています。その多くがフルクタンと呼ばれる水溶性食物繊維で、血糖値上昇やコレステロール値増加を抑制する効果があるのです。現代人に不足しがちな水溶性食物繊維を、らっきょうで手軽に補うことができます」

   らっきょうの定番といえば甘酢漬けだ。カレーとのトッピングがよく知られているが、この組み合わせは、胃がもたれるカレーにらっきょうの酢が消化を助ける抜群の組み合わせだという。ただし、らっきょうを甘酢漬けにすると、フルクタンが漬け汁に溶け出るため、らっきょうだけでなく漬け汁ごとカレーにかけないともったいない。フルクタンの効果を引き出すには「生らっきょう」が一番いいという。

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中