バイオリンは1丁?1本? 各紙で表記バラつき、ヤマハに聞くと...

印刷

   バイオリン54丁と弓70本を壊したとして、30代女性が逮捕された事件が2017年7月25日に報じられた。ところが、このニュースに、

「一番驚いたのはバイオリンの数え方が『丁』ってことだよ」

といった感想がツイッター上で相次いだ。

   確かに、この事件の報道を見ると、少なくないメディアが「バイオリン54丁」という表記を用いている。一方で、これ以外の表記を使うところも。「丁」のように、数量を表す際に用いる助数詞は「個」「本」「回」「人」など日本語にはたくさんある。バイオリンはどう数えるのが正解なのだろうか。

  • バイオリンの数え方は?(画像はイメージ)
    バイオリンの数え方は?(画像はイメージ)

新聞社同士でも表記が異なる

   数えるものが何かによって、どの助数詞が使われるかはある程度決まっているが、どれを使うか悩ましいものもある。今回のバイオリンもそうだろう。

   話題となっているのは2014年、30代女性が、別居中の夫のバイオリン多数を破壊した事件。主要メディアでも表現が分かれている(いずれもウェブ版、25日昼現在)。

丁:NHK、朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、時事通信社、日本テレビ、テレビ朝日
本:産経新聞、共同通信、ロイター

   なかには当初、「台」と報じたメディアもあったようだ(すでに修正済み)。

   いったい、「丁」と「本」はそれぞれ何が違うのだろうか。『広辞苑 第6版』(岩波書店、2008年)によると、「丁」にはこう説明がある。

「(4)書籍の紙数を数える語。表裏2ページを1丁という。
(5)豆腐を数える語。
(6)銃や道具などを数える語。
(8)料理・飲食物を数える語。」

   このなかでバイオリンが当てはまるのは、(6)の「道具」だろうか。また「梃・挺」が「丁」と書かれることもあり、これらは、

「鋤・鍬・墨・銃・蝋燭・艪・駕籠・人力車などを数える語」

として用いられる。

   次に「本」。上述のメディアのほか、スポーツ紙でも「本」が使用されていた。

「(6)棒状の長いものを数える語。
(7)芝居・映画・小説・記事などの作品の数を数える語。
(8)手紙や電話をかける回数などを数える語。
(9)柔剣道などの勝負を数える語。
(10)スポーツで、得点や採点の対象となる試技を数える語。」

   バイオリンを「棒状の長いもの」と捉えるかどうかが争点となりそうだ。

   『広辞苑』でははっきりとした答えは得られなかったが、どちらも間違いではなさそうだ。ちなみに、「台」は「大型の家具や楽器、車・機械などを数える語」なので、バイオリンの場合は適切とは言い難いだろう。

   新聞向けの表記ルールをまとめた『記者ハンドブック 第13版』(共同通信社、2016年)でも、「バイオリン」の助数詞は「本・丁」とされている。余談だが、ギターも「本」のほか、「丁」が指定されている。

ヤマハ「我々は『チョウ』と呼んでいます」

   ツイッター上でも今回の報道を機に、

「バイオリンの数え方は丁です」
「本ではありません」
「バイオリンの数え方は、個です」
「数え方は正しくは挺」

など、バイオリンの助数詞を巡る持論がつぶやかれ、アンケート機能を用いて独自に調査する人も現れている。

   色々な見解があるようだが、楽器業界で働く人々はどのようにバイオリンを数えているのだろう。J-CASTニュースが25日、楽器販売大手「ヤマハ」の広報担当者に取材したところ、

「漢字ではいくつかの表記がありますが、『チョウ』と呼ぶのが一般的ではないかと思います。『丁』や『挺』ですね。『挺』の場合、『テイ』と読むこともあるそうですが。いずれもどれが正しいというのはないと思いますが、我々は『チョウ』と呼んでいます」

とのことだった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中