「誤解だらけ」電気自動車の真実 日産「リーフ」オーナーが語る「EVの魅力」とは

印刷

   「電気自動車(EV)は不安。やっぱり、ガソリン車の方が『安心』できる」――。欧州を中心に世界でEVの普及が加速する今も、日本ではこんな根拠のないイメージに捕らわれている人が少なくない。

日産「リーフ」は誤解されている?
日産「リーフ」は誤解されている?

   実際、J-CASTニュースが実施したアンケートでは、EVの航続距離や充電スポットの数など「利便性」の面を不安視する意見が投票の8割以上を占めた。そのほか、ツイッターでは、EVの車両価格や充電費用などのランニングコストについて、

「興味はあるんだけど、値段が高そうなのが...」
「EVは今のところ、値段が高そうなのがネック」

などと懸念を示す意見が多く出ている。

   だが、こうした電気自動車への「負のイメージ」は、はたして本当に正しいのか。そこでJ-CASTニュースは、電気自動車「リーフ」のオーナーを対象にインタビューを実施。利用者の「生の声」を聞くことで、EVをめぐる現状を改めて探った。

「EVの不安要素」アンケートの結果は...

   今回J-CASTニュースでは、EVに関する「負のイメージ」の実態を探るため、7月中旬に簡易アンケートを実施した。質問は「電気自動車について、あなたが思う『不安要素』は次のうちどれ?」というもので、選択肢には次の4つを用意した。

「車両価格や充電費用が高そう」
「充電スポットが少なく、不便そう」
「長い距離が走れず、遠出ができなさそう」
「ガソリンに比べてパワーが無さそう」

   約1週間の投票期間のうち、集まったのは166票。その内訳をまとめたのが、以下の円グラフだ。「充電スポット」や「航続距離」など、EVの利便性を懸念する意見が全体の86% を占める結果となった。

J-CASTニュース作成のグラフ
J-CASTニュース作成のグラフ

   そのほか、投票を呼び掛けるツイートに対しては、EVは車両価格が高いのが難点だとして、「バッテリーの値段が下がれば コスパが圧倒的なので一気に普及する」と強く訴えるオーナーも出ていた。

   このオーナーが指摘した通り、確かにEVのランニングコストは圧倒的に安い。

   特に日産「リーフ」の場合は、「日産ゼロ・エミッションサポートプログラム2(ZESP2) 使いホーダイプラン」に加入することで、月額2000円(税別)で全国約5600基の急速充電器が使い放題に。つまり、「燃料代」を一切気にすることなく運転することができるのだ。

   実際、J-CASTニュースのインタビューに応じた日産「リーフ」オーナーのAさん(20代男性、新潟県在住)は、「ZESP2」の使い放題プランについて、

「燃料代が一切かからない状態で、こんなお得感は『格安SIM』以来です」

と絶賛する。充電における手間についても、「また急速充電の際は、ZESP2充電カードを充電スタンドにかざして認証するだけ。充電は面倒ではなく、むしろガソリン給油より手軽に感じます」としていた。

日産販売店などの急速充電器が使い放題になる「ZESP2使いホーダイプラン」
日産販売店などの急速充電器が使い放題になる「ZESP2使いホーダイプラン」

   さらに、国や地方自治体が実施しているエコカー減税や補助金支給制度を活用すれば、購入価格も下げることが可能だ。上述のAさんはリーフの購入時、「33万円ほどの補助金が購入後に支給された」という。その上で、

「リーフはEVなので、同クラスの他車と比べて(補助金の支給額は)高めでした。なので、大変嬉しいサポートになりました」

としていた。

充電スポットの数は2年半で「倍増」

   では、J-CASTのアンケートで併せて8割以上の得票を集めた「充電スポットが少なく、不便そう」「長い距離が走れず、遠出ができなさそう」という利便性の問題は、オーナーから見てどうなのだろうか。

   17年3月にリーフを納車し、すでに3000キロ以上走行しているというAさんは、

「どうしても地域差があるでしょうが、私の住む新潟市では不便さは感じません。日産販売店だけでなく、ショッピングモールやコンビニでも充電器を設置している店舗が増えてきているので、充電スポットが少ないという印象はあまりないです。充電中には『コーヒー飲んでって』と快く声をかけてくれる日産の販売店もあり、嬉しいですね」

と話す。また、主に通勤に車を利用するため、航続距離の面でも困ったことは「全くない」としていた。

マンションや商業施設の駐車場に充電スポットが設置されるケースも増えている
マンションや商業施設の駐車場に充電スポットが設置されるケースも増えている

   ただ一方で、17年1月にリーフを納車したBさん(男性、兵庫県在住)は、

「充電スポットの数を不安視する声が出ているのは、もっともだと思います」

とうなずく。続けて、充電器の普及は「現状、まだまだではないか」として、オーナーが「不便に感じてしまうことはあると思います」とも指摘した。

   自治体の取り組みなどによるので、地域差はあるものの、日本全国で充電スポットの数が急増していることは事実だ。

   全国に急速充電器は7100基以上、さらに普通充電器も合わせると約2万8000基の充電器がある(日産調べ)。加えて言えば、全国にあるガソリンスタンドの数は約3万2000か所。実は、すでに給油スタンドと充電スポットの設置数にそこまで大きな差は存在しないのだ。

例えば、東京近郊にはこれだけの充電スポットがある(C)Google、ZENRIN/画像は日産公式ウェブサイトより
例えば、東京近郊にはこれだけの充電スポットがある(C)Google、ZENRIN/画像は日産公式ウェブサイトより

   そのほか、ツイッターなどでは、EVの急速充電にかかる「待ち時間」を懸念する声も目立つ。しかし、この点についてAさんは、「リーフ」の納車前は「待ち時間がもったいないのではないか」と感じていたが、いざ日常的にEVを利用してみると、

「(充電の待ち時間は)読書や休憩などに当てることができるので、予想以上に有意義に使える」

ことに驚いたそうだ。また、Aさんは自宅に充電器を設置したため、燃料補給のためにガソリンスタンドに行くこともなくなり、ガソリン車に乗っていたときよりも「快適」に感じているという。

車内の静けさは「ガソリン車では絶対に味えない」

   ところで、「リーフ」オーナーの2人は、なぜガソリン車ではなくEVを選んだのだろうか。

   購入のきっかけについて尋ねると、特に「リーフ」の走行性能に惹かれたというBさんは、試乗時に「変速のない加速が乗り心地を良いままにキープしてくれる」点に魅力を感じたと話す。

Bさんは航続距離が大幅に伸びる新型リーフにも興味津々だという(画像は本人提供)
Bさんは航続距離が大幅に伸びる新型リーフにも興味津々だという(画像は本人提供)

   また、AさんはEVならではの「静粛性」に惹かれたとして、

「EVなのでエンジンの音や振動が皆無で、街乗りでのロードノイズも大きくないので車内は常に静か。この車内の静けさは、ガソリン車では絶対に味えないと感じました」

という。続けて、Bさんと同様に「力強い加速」にも魅力を感じたとした上で、「しかも、加速の際も車内は静かなまま。ガソリン車では加速の際にエンジン回転が上がってうるさくなりますが、リーフにはそれがありません」と絶賛していた。

Aさんは「ガソリン車より走りが面白い」とも語る(画像は本人提供)
Aさんは「ガソリン車より走りが面白い」とも語る(画像は本人提供

   今回、日産「リーフ」オーナー2人へのインタビューを通じて、多くの人がEVに抱く「負のイメージ」と、実際の利用者が感じる印象には「ある程度の溝」があることが分かった。加えて言えば、イギリスやフランス、オランダなど欧州各国を中心に、ガソリン車とディーゼル車の販売を将来的に禁止する動きも出るなど、世界の車社会の潮流は確かにEVに移行しつつある。

   こうした動きを踏まえて考えると、現在ガソリン車を利用しているオーナーであっても、いつまでも過去のイメージに捕らわれず、改めて「EVの現状」を知っていく必要があるのではないだろうか。EVをめぐる動きや取り組みといった情報ついては、日産「リーフ」の公式ウェブサイトでも確認することができる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...
追悼