「学校に行きたくない人たちへ」 9月1日前に、大人たちからのメッセージ続々

印刷

   9月1日。日本の広い地域で小学校・中学校・高校の夏休みが終わり、2学期が始まる日。そして、「子どもの自殺が最も多い日」でもある。

   最近広く知られるようになった、この「9月1日問題」に関連して、2017年もさまざまな機関、人物が、「辛ければ、学校から逃げても構わない」というメッセージを発信している。広がる、大人たちからのメッセージをまとめた。

  • 上野動物園が投稿したメッセージ(ツイッターより)
    上野動物園が投稿したメッセージ(ツイッターより)
  • NHK「#8月31日の夜に。」特設ページ
    NHK「#8月31日の夜に。」特設ページ

上野動物園「もし逃げ場所がなければ...」

「学校に行きたくないと思い悩んでいるみなさんへ」

   夏休み終盤の2017年8月30日、上野動物園の公式ツイッターは、動物の生態にからめながら、こんな一文を投稿した。

   「アメリカバクは敵から逃げる時は、一目散に水の中へ飛び込みます 逃げる時に誰かの許可はいりません。脇目も振らず逃げて下さい もし逃げ場所がなければ、動物園にいらっしゃい。人間社会なんぞに縛られないたくさんの生物があなたを待っていますから」  この投稿は相次いで拡散され、31日14時時点で3万件以上のリツイート、4万5000件を超える「いいね」が寄せられている。

   「休みがもう終わる、学校に行きたくないなあ」――そんな憂鬱は、多くの人が一度は感じたことがあるはずだ。だが、いじめなど学校での深刻なトラブルを抱える子どもたちにとっては、それは文字通り「死活問題」となりかねない。

   内閣府が2015年に発表した「自殺対策白書」は、1972~2013年のデータから、18歳以下の自殺が最も多いのは「9月1日」(1万8048人中131人。平均の約2.6倍)だと報告した。夏休み明けのプレッシャーや精神的動揺が、その要因だとされる。

   この年の8月26日には鎌倉市図書館がツイッターで子どもたちに向けて、

「もうすぐ二学期。学校が始まるのが死ぬほどつらい子は、学校を休んで図書館へいらっしゃい。マンガもライトノベルもあるよ。一日いても誰も何も言わないよ。9月から学校へ行くくらいなら死んじゃおうと思ったら、逃げ場所に図書館も思い出してね」

というメッセージを発したことが社会的な反響を呼び、「9月1日問題」が多くの人に知られるようになった。

NHKもハッシュタグ連動番組を放送

   上野動物園のみならず、9月1日がやってくるのを前に、各所から子どもたちへのエールを発信する動きが相次いでいる。

   たとえば、NHKだ。31日夜は、ネット番組として「#8月31日の夜に。」と題した番組、ネットの連動キャンペーンを実施する。タレントの中川翔子さんらをMCに、ハッシュタグで寄せられた子どもたちの声を紹介するネット番組を放映するほか、同時間帯のEテレ「ハートネットTV」でも「生きるためのテレビ」と題して、こうした悩みに応える放送を行うという。また、NHKニュースのサイト上にも、「学校に行きたくないあなたへ」と題した特設ページを設け、教育評論家の尾木直樹(尾木ママ)さんらからの寄稿を掲載している。

   全国不登校新聞社など5つのNPO団体は8月25日、「学校へ行きたくないあなたへ、味方はココにいます」と題した共同メッセージを発表、「チャイルドライン」や「フリースクール」など、子どもたちの「味方」になってくれる窓口を紹介している。

   有名人からもエールが。歌手のハナエさんはツイッターで31日昼、このように投稿した。

「あと少しで学校がはじまるね。 何度も言う。学校なんてつらい思いしてまで行くような所じゃない。 立ち向かわなくていい。逃げればいい。君を苦しませる学校なんてクソだから。 美しいものは在るよ。今は見えなくても信じていて。それを感じられるように、どうか心を殺しきってしまわないで」

   このほかユニークなところでは、裁判ウォッチャーとして知られるお笑い芸人の阿曽山大噴火さんが、上野動物園のツイートと、自らの「得意分野」に引っ掛けてこんなつぶやきを。

「今日と明日は10代の自殺が多い日か。上野動物園は都内の中学生以下タダだし、全国の図書館も当然タダ。ついでに言えば裁判所の傍聴もタダなので、学校に行きたくないなら近所の裁判所も選択肢の1つに入れてみては。世の中にはいろんな生き方があるんだと実感するはず。視野を広げるのが大事」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中