大谷翔平、「大リーグ決断」報道 「サイ・ヤング賞取れる」の評価も「二刀流」にはサヨナラの流れか

印刷

   日本ハム・大谷翔平投手(23)が今オフ、ポスティングシステムで米大リーグへ挑戦する意思を固めた。複数のメディアが2017年9月13日、報じた。

   大谷は12日の楽天戦で今季3度目のマウンドに上がり、大リーグ16球団のスカウトが見つめる中、6回途中1安打無失点と好投した。もし大リーグに挑戦するとなれば、海の向こうでも「二刀流」を続けるのか、あるいは――。

  • 大谷翔平はどこへ行くのか(写真は、2017年1月撮影)
    大谷翔平はどこへ行くのか(写真は、2017年1月撮影)
  • スポニチと毎日新聞が最初に報じた
    スポニチと毎日新聞が最初に報じた

メジャーは大谷の能力を見極めている

「日本ハム大谷 今オフ米大リーグへ挑戦」(毎日新聞)
「大谷 今オフのメジャー移籍決断 あるぞ全30球団争奪戦」(スポーツニッポン)

   毎日新聞のウェブ版とスポーツニッポンのウェブ版「スポニチアネックス」は2017年9月13日早朝、こんなタイトルの記事を配信した。いずれも、大谷が今オフにポスティングシステムを利用してメジャーリーグに挑戦する意思を固めたことが12日に分かったとしている。

   大谷の「二刀流」継続は、ありうるのか。現役時代にレンジャーズでプレーした野球解説者の建山義紀氏は、「今日ドキッ!」(HBC北海道放送)の9月4日放送でメジャー関係者に聞いた話だと前置きし、

「メジャーも、ピッチャー、バッターのどちらで(大谷を)使えばいいか考えているところ。(シーズンが)終わるまでに100球は投げられるようにしておきたい」

と解説していた。

   野球解説者の森本稀哲氏は13日朝、「イチオシ!モーニング」(北海道テレビ)の生放送で、

「メジャースカウトたちは、意外にも、ピッチャーの評価がすごく高い。野手の評価は、そこまでしていない。打てるバッターとしても見られているが、『ピッチャーとしてはサイ・ヤング賞を取れる』と評価されている」

と話した。

   「二刀流」のスタイルは、草創期から20世紀初頭にかけての大リーグでは、珍しくなかった。スポニチアネックスの9月5日付記事「大リーグ公認歴史家に聞く米二刀流の系譜『大谷の登場に意味はある』」によると、19世紀の大リーグでは、1チーム10~12人程度と決まっており、投手も打撃能力が高ければクリーンアップに座り、野手の守備位置にも就いたという。

   だが1900年以降、ルール変更で投手と野手の分業化は進む一方だ。

   ベーブ・ルースや、通算193勝&38本塁打のウェス・フェレルなどが、二刀流を体現したが、73年にア・リーグでDH制が採用されるなど、分業化の流れはさらに進展し続けており、二刀流実現には厳しい流れだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中