「スーパーカップ」アイス、正式略称が意外 明治「社内では××××と呼んでます」

印刷

   「スーパーカップ」の愛称で知られる「明治エッセルスーパーカップ」といえば、手ごろな価格と大きめのサイズが売りの、明治のロングセラーアイスだ。発売以来20年以上、カップアイスとしては業界トップクラスのシェアをキープしている。

   ところが、その「スーパーカップ」という呼び名が、「正しい」ものではないのでは?という噂が広がっている。実際のところはどうなのだろうか。

  • お馴染みの「明治エッセルスーパーカップ」。「スーパーカップ」の名前でよく知られているが…
    お馴染みの「明治エッセルスーパーカップ」。「スーパーカップ」の名前でよく知られているが…
  • 公式サイトの「シッテル?エッセル!」コーナー。歴代パッケージのデザインなども
    公式サイトの「シッテル?エッセル!」コーナー。歴代パッケージのデザインなども

公式サイトはいずれも「エッセル」表記

   「明治エッセルスーパーカップ」は、1994年に発売された。当時、「究極の100円カップアイス」と称され高級商品で培った技術力を活用(日本食料新聞、94年9月5日付)、登場直後に同価格帯のトップシェアを獲得した。以来、現在にいたるまで人気をキープしている。なお、「IT mediaビジネスONLINE」の取材に担当者が語っているところによれば(「『明治 エッセルスーパーカップ』が売れている、控え目な理由」、2017年6月14日)、発売以来、味は微調整を加えながらもほとんど変わっていないという。

   このアイスのことを、多くの人は「スーパーカップ」の名前で認識しているだろう。ところが、その正式な略称が実は「エッセル」らしい、という話題が、ここのところツイッターなどで盛り上がっている。

   きっかけとなったのは、明治による公式サイトだ。アレンジレシピや、豆知識などが掲載されているのだが、それぞれ「エッセル スマイルレシピ」「シッテル?エッセル!」など、「エッセル」という言葉が、コーナー名として用いられているのである。ページのURLに使われているのも「essel(エッセル)」だ。

   この事実に気づいた人がツイートしたことをきっかけに、「バイレーツ」などのニュースサイトやまとめブログにも次々と取り上げられ、

「おまえ、スーパーカップじゃなくてエッセルが名前だったんだな......」
「エッセルなんてどこに書いてあったかな......」
「スーパーカップの文字の方が大きいんだもん、これはもうエッセルじゃないよ、スーパーカップだよ」

などと驚き、戸惑い、あるいは混乱する声がツイッターでは相次いだ。

「できればエッセルと呼んでほしいですが...」

   真相を探るべく、明治の広報担当者に電話取材した。

「商品名は『明治エッセルスーパーカップ』です。ただ、略するとすると、社内では『エッセル』と呼んでいます」

   そもそも明治では過去に、「エッセル」(1991年)というアイスを販売していた。現在の「エッセルスーパーカップ」は、その「エッセル」を前身としており、名前もそこから引き継いだという経緯があるのだ。

   歴代のパッケージを見ても、発売以来「エッセル(Essel)」の文字は必ず描かれており、特に94年の初代ロゴは、「スーパーカップ」とほぼ変わらないサイズだ。2001年バージョンではかなり小さくなったが、2009年のリニューアルで「復権」、現在に至るまで存在感を保っている。なお、エッセルは「エクセレント(非常に優れた)」と「エッセンシャル(絶対に必要な、基本的な、主要な)」を元にした造語だという。

   では、私たちも「エッセル」と言うべきなのだろうか。「できれば『エッセル』と呼んでほしいですが......」と言う担当者だが、最後には朗らかにこう付け加えた。

「お客様には、馴染みのある方で呼んでいただければと思います」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中