2020年 12月 1日 (火)

「SNS映え」が旅行・レジャーを変える ツアーのメニューも大きく変化

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   市場調査のインテージが、2017年夏のレジャーの傾向を調べたところ、「国内旅行」や「花火大会・お祭り」などの人気が高いことがわかった。

   その背景に、「SNSに投稿することを意識した」という回答が多いことがわかり、今後「SNS映え」が旅行・レジャーの傾向を大きく変えそうだ。

  • 濃溝の滝は「まるでジブリ作品にでてくる森のよう」
    濃溝の滝は「まるでジブリ作品にでてくる森のよう」
  • クロード・モネの「睡蓮」のような根道神社そばの池
    クロード・モネの「睡蓮」のような根道神社そばの池
  • 濃溝の滝は「まるでジブリ作品にでてくる森のよう」
  • クロード・モネの「睡蓮」のような根道神社そばの池

SNS意識は10~20代で4割

   インテージは、16歳から59歳の2000人を対象に、「2017年 夏のレジャー消費」調査(9月4~6日実施、21日発表)を行った。今夏に訪れた場所を聞いたところ、「花火大会・お祭り」が26.8%、「国内旅行(宿泊)」が20.1%で上位にあがり、次いで「帰省」(15.4%)や「国内旅行(日帰り)」(14.4%)、「海」(11.0%)、「バーベキュー」(10.8%)、「プール」(10.3%)と続いた。

   「今年行きたかった場所」としても、「国内旅行」や「花火大会・お祭り」が上位を占めたが、その動機付けとして、「SNS映え」がある。

   「SNSを意識して行きたいと思った」と答えた人は、「花火大会・お祭り」で26.5%。さらに性別や年代別でみると、10~20代女性では約4割にものぼった。この傾向は、性別や年代によらず、40~50代男性でも、「花火大会・お祭り」に行きたいと思った人の約3割が「SNS映え」を意識したと回答している。

   また、30代男性の「海」、40代の「テーマパーク」や「国内旅行(日帰り)」でも、SNSを意識した人の割合は高く、幅広い年代で「SNS映え」がレジャー消費に影響を及ぼしていることがわかった。

   こうしたSNSの影響は、近年のツアー企画にも反映されている。多くの国内バスツアーを主催している「はとバスツアー」では、パンフレットに「フォトジェニック・コース」という特集を組み、写真映えするスポットをめぐるコースを用意している。

   たとえば、10月以降の企画では、千葉県の中の島大橋や江川海岸、川崎の工場夜景などの写真スポットを周遊。ランチには、ウニのスープの海鮮しゃぶしゃぶを食べる、「海鮮ウニしゃぶとフォトジェニック房総」という日帰りツアーを募集している。

   このツアーに組み込まれている江川海岸は、千葉県木更津市にある潮干狩りができる海岸で、SNSの投稿がきっかけで、その景観が南米のウユニ塩湖に似ているとテレビでも取り上げられた場所だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中