2022年 1月 19日 (水)

蒼井優、「ドルオタ」だった 振付完璧、ファン「あれはガチだ」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   彼女は正真正銘の「ドルオタ」(アイドルオタク)だった――。「ハロー!プロジェクト」(以下、ハロプロ)所属の女性11人組アイドルグループ「アンジュルム」のファンたちも、そう認めざるを得なかった。彼女とは、アンジュルムを「箱推し」(グループ全体を応援する、の意)していると明かしていた、女優の蒼井優さん(32)だ。

   蒼井さんは2017年10月24日、バラエティ番組「ウチのガヤがすみません!」(日本テレビ系)にゲストで出演し、サプライズで登場したアンジュルムの生演奏に大興奮の末、涙を流した。

  • 蒼井優さん(写真は、2008年撮影)
    蒼井優さん(写真は、2008年撮影)
  • 写真左がアンジュルム。相川茉穂さんが活動休止中なので、10人で写っている(画像は、「ハロー!プロジェクト」の公式サイト)
    写真左がアンジュルム。相川茉穂さんが活動休止中なので、10人で写っている(画像は、「ハロー!プロジェクト」の公式サイト)
  • 蒼井優さん(写真は、2008年撮影)
  • 写真左がアンジュルム。相川茉穂さんが活動休止中なので、10人で写っている(画像は、「ハロー!プロジェクト」の公式サイト)

蒼井さん「大好きです」

   番組では、蒼井優さんが「アンジュルム」が「大好きです」と話し、「今朝も聴いてきた」「100%の箱推し」と終始、満面の笑みで語った。番組司会のお笑いコンビ「フットボールアワー」の後藤輝基さんが「テンションめっちゃ上がってますね」と応じると、

「そうなんです。フフッ......」

と顔をほころばせる。

「『カクゴして!』で、和田(彩花)さんが最後にウインクするポーズで撃ち抜かれました」

など、ハロプロ好きのお笑いコンビ「タイムマシーン3号」とマニアックなトークを展開した。

   すると突然、彼女たちの楽曲「次々続々」のイントロが流れ始め、アンジュルムがサプライズでスタジオに登場。生演奏が始まった。

   蒼井さんは、両手に握りしめたペンライトで顔を覆い隠そうとするなど、興奮を抑えきれない様子。それでもAメロから、アンジュルムの歌と振り付けに合わせペンライトを動かし、「(♪去る者にも来る者にもクールな対応)対応!」などと合いの手を入れる。サビの「Woh、Oh、O、Oh」と掛け声を入れる箇所での動きは、メンバーの振りとまったく同じだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中