2018年 9月 20日 (木)

「Amazon史上最も体を張った」?! バイク用品「レビュー」が話題沸騰

印刷

   バイク用品メーカーのコミネ(東京都葛飾区)が販売するジャケットの「Amazonレビュー」が、「体張り過ぎ!」などとインターネット上で話題を集めている。

   レビューのタイトルは、「事故ってみました」。このジャケットを着ている時にバイク事故に遭った男性が、事故の体験を振り返りながら商品の特徴を説明したものだ。いったい、投稿の意図は何なのか。J-CASTニュースは、この男性に話を聞いた。

  • Amazonレビューには「事故の瞬間」写真も掲載された(画像は投稿者の許諾を得て使用しています)
    Amazonレビューには「事故の瞬間」写真も掲載された(画像は投稿者の許諾を得て使用しています)
  • 「事故ってみた」レビューで話題の「JK‐579 プロテクトソフトシェル ウインターパーカ‐IFU」(コミネ)
    「事故ってみた」レビューで話題の「JK‐579 プロテクトソフトシェル ウインターパーカ‐IFU」(コミネ)

事故の瞬間を捉えた写真も

   話題のAmazonレビューが投稿されたのは、コミネ社の「JK-579 プロテクトソフトシェル ウインターパーカ‐IFU」という商品だ。投稿者は、愛媛県在住の会社員男性(30)。最高評価の「5つ星」が付けられたレビューの冒頭は、次のようなものだ。

「お互い時速50キロ弱くらいの速度で、当方バイクで直進、相手軽四右折で対向車と右直事故しました。当方の隼(編注・バイクの車名)はフレーム割れて廃車、相手も左リヤドアやフェンダーと足回り破損により全損でしたが身体は歩いて家に帰れるくらいのダメージで済みました」

   つまり、「JK-579」のジャケットを着用して事故に遭い、バイクや相手の車は大きく破損したが、自らは大きなケガを負わなかった――というのだ。

   そのため投稿者は、ジャケットの防護性を絶賛。とくに、胸部に内蔵されたプロテクターについて「着る手間がかからずに胸部を守れる点を高く評価します」としていた。なおこのレビューには、事故の瞬間を捉えたドライブレコーダー画像も添えられている。

   こうしたレビューが投稿されたのは2017年5月15日のこと。その後、あるツイッターユーザーが10月27日、「Amazon史上最も体を張ったレビュー」として投稿の内容を紹介したことで、一躍大きな注目を集めることになった。

   事故の経験を活かした今回のレビューについて、ツイッターやネット掲示板では、

「ここまで信用出来るレビューは見たことがありません」
「説得力がありすぎる...!」
「かつてこれほど完璧な実証のあるレビューがあっただろうか」

といった書き込みが相次いでいる。そのほか、このレビューをきっかけに同じ商品を購入した、との報告も出ていた。

このコンテンツを見るためにはJavaScriptを有効にしてください。Please enable JavaScript to watch this content.

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中