いつもテレビを見ている人は血栓リスクが大幅増 運動をしていてもリスクは下がらず

印刷

   家にいるときはいつもテレビを見ている、という生活が動脈硬化リスクを高めるとした研究は2016年に発表されているが、どうやら静脈も危ういようだ。

   2017年11月12日に米カリフォルニア州で開催された米国心臓協会(AHA)の「サイエンティフィック・セッション2017」で、テレビの視聴状況が静脈内にできる血栓リスクに影響しているとする研究結果がミネソタ大学、バーモント大学、ノースカロライナ大学の研究者らによって発表されたのだ。

  • 家での定位置がテレビの前という人、いませんか
    家での定位置がテレビの前という人、いませんか

健康的な生活でもテレビ視聴時間が長いと...

   今回の研究が調査対象としたのは「静脈血栓塞栓症(VTE)」と呼ばれる、静脈内に血栓(凝固した血の塊)ができた状態だ。聞きなれない名前かもしれないが、いわゆる「エコノミークラス症候群(旅行者血栓症など)」もVTEのことだ。

   腕や足の静脈に発生することが多いが、大抵の場合、血栓は血流に流されて心臓を介して肺まで達し「肺血栓塞栓症(PE)」という即死の可能性もある病気を引き起こす。

   無症状である場合が多く、体内の深い位置にある静脈に血栓ができ「深部静脈血栓症(DVT)」となった場合は足の腫れや痛み、浮腫(むくみ)などが表れることもある。

   米国では血管系の病気の中で脳卒中、心臓発作に次いで死亡数が多い病気となっており、問題視されているという。

   研究者らはテレビ視聴と動脈硬化の関係を指摘する研究を受け、VTEに及ぼす影響も分析するため、動脈硬化リスク調査として1987年に開始された追跡調査から、VTEではないと診断されていた1万5158人(平均年齢45~64歳)のデータを抽出。テレビの視聴状況とVTE発症率を検証している。

   テレビ視聴は頻度に応じて「とても頻繁に視聴(毎日5時間以上)」「頻繁に視聴(毎日2.5~4.9時間)」「あまり視聴しない(毎日2.5時間以下)」「まったく視聴しないかまれ」の4つに分類された。

   その結果、「とても頻繁に視聴」している人は「まったく視聴しないかまれ」な人に比べVTE発生リスクが1.7倍高くなっていた。

   また、定期的に運動をする習慣があり、テレビの視聴状況が「とても頻繁に視聴」であること以外は健康的な生活をしている人でも、「まったく視聴しないかまれ」な人と比べるとVTEリスクは1.8倍となっており、テレビから受ける影響が非常に大きいことが確認されたという。

   テレビばかり見ているということは、身体活動量や食生活が乱れており、そのせいで肥満になってVTEリスクが高まっているのでないかとも考えられる。研究者らも肥満の影響を検証しているが、今回の調査でVTEリスクに占める肥満の影響は25%程度と小さく、テレビ視聴によるものだと判断できると結論付けていた。

テレビを見ることが悪いわけではない

   今回の研究で研究者らは「テレビが静脈に血栓を作り出している」などと指摘しているわけではない。

   AHAは2016年8月に「長時間座り続けることで血管がダメージを受け、糖尿病や心臓病、その他の健康問題を引き起こす可能性がある」とする声明を発表している。研究者らも今回の研究結果は「頻繁にテレビを見ている=長時間座っている機会が多い」という問題が根幹にあると考えており、「テレビを見ることが悪である」などとは指摘してない。

   筆頭著者のマリー・クシュマン博士は「テレビを見るのをやめる意外にも、テレビの長時間視聴の影響を打ち消す方法がある」とAHAのプレスリリースでコメント。

「例えばテレビの前にトレッドミル(ランニングマシーン)やフィットネスバイクを置き見ている間に体を動かし続けることが可能です。それほど見たいものでなければ中座して30分ほど散歩に出てはどうでしょう。どうしても見たいときはCMの間に部屋の中を歩き回るという方法も無意味ではありません」

と具体的な対処法もアドバイスしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中