2019年 2月 16日 (土)

「恥ずかしい差別発言」と批判も 竹下氏、同性パートナー「反対」の余波

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   国賓を迎えて天皇、皇后両陛下が開催する宮中晩さん会について、自民党の竹下亘総務会長が国賓のパートナーが同性だった場合は出席に「反対」だと述べ、野党のみならず与党内部からも批判の声が上がっている。

   自民党は17年10月の衆院選で性的少数者(LGBT)理解促進を目指す関連法の制定を目指すことを掲げており、党の政策との整合性も問われそうだ。批判を受け、竹下氏は「反省している」と述べている。

  • 野田聖子総務相は竹下氏の発言に違和感をにじませた(写真は総務省の記者会見動画から)
    野田聖子総務相は竹下氏の発言に違和感をにじませた(写真は総務省の記者会見動画から)

宮中晩さん会での対応めぐり発言

   発言は2017年11月23日、岐阜市内で開かれた自民党のパーティーで出た。竹下氏は、フランスのオランド大統領(当時)が2013年、当時事実婚の関係にあったバレリー・トリルベレールさんをともなって国賓として来日した際、宮中晩さん会でどう対応するかに宮内庁が苦慮したことを指摘。その上で、各紙の報道を総合すると

「問題はここからだ。もし、(国賓の)パートナーが同性だった場合はどう対応するのか。これは必ず近い将来、突きつけられる課題ではないか。私は反対だ。日本国の伝統には合わないと思う」

などと述べた。

   この発言を、立憲民主党の辻元清美国対委員長は11月24日、記者団を前に「恥ずかしい差別発言」だと発言を非難。

   発言があったパーティーに出席していた野田聖子総務相は同日午前の記者会見で、

「自由民主党というのは開かれた、また、多様な意見をぶつけ合うことができる政党」

だとして、

「竹下総務会長は、そういうお考えを持っているというご披露だったと思う」

と発言の意図を推測。その上で、

「ただ、私個人的には、多様性を重んじている人間としては、どんな人でも伸びやかに生きられる日本でありたい。そのために何をするべきかというのは、常に模索しているところ」

と述べ、違和感をにじませた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中