ファミマ「忖度御膳」に「廃棄」&「完売」論 実際は?本部と店舗を直撃

印刷

   「2017年ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞に選ばれた「忖度(そんたく)」。発表・表彰式には「忖度まんじゅう」を企画販売する会社社長が登壇し、売れ行き上々であることを明かした。

   一方、コンビニ大手・ファミリーマートは、その名を冠した弁当「忖度御膳」を2017年12月1日から販売しているが、コンビニ店員を名乗る人物がツイッター上で「売れてない」「廃棄」などと暴露。ユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)の広報部にその真偽を取材した。

  • 忖度御膳(J-CASTニュース編集部撮影)
    忖度御膳(J-CASTニュース編集部撮影)
  • 忖度御膳(J-CASTニュース編集部撮影)
    忖度御膳(J-CASTニュース編集部撮影)
  • 忖度御膳お品書き(J-CASTニュース編集部撮影)
    忖度御膳お品書き(J-CASTニュース編集部撮影)

「廃棄」も「完売」も把握

   「忖度御膳」は「年の瀬にふさわしい話題性」のある商品として企画開発されたもので、現在の弁当ラインナップのうち最高額798円(税込)の高級弁当。金目鯛やのどぐろなどを使用した和風弁当で、「めでたい(鯛)」「ゴマすり(胡麻和え)」「そんたくあん(たくあん)」など、8つの具材にそれぞれ「忖度メッセージ」が込められている。

   11月上旬、ファミリーマート公式ツイッターが商品化希望のアンケート調査を実施したところ、「忖度」が6万超えの票を集め、「けものフレンズ」に2倍以上の差をつけた。実際に商品化されることが発表されると、「まじで売るんか...」「気になる」「美味しそう」と話題になっていた。

   ところが蓋を開けてみると、ファミリーマートのコンビニ店員を名乗る人物らが、

「忖度弁当全く売れねーじゃねーかばああああああああああか!!!!!」
「2日で13個中12個廃棄」
「こちらも、全然減ってませんでしたw」

とツイッター上で「暴露」し始めた。一方で、「完売だった」と報告するツイッターユーザーも相次いでおり、情報が入り乱れている状態だ。

   J-CASTニュースが12月4日、ユニー・ファミリーマートHDの広報部担当者に取材したところ、上記のような声については把握しているが、「お店によって状況が異なるので一概には言えない」とのことだった。売り上げについては「忖度御膳」に限らず、公表していないという。

都内のある店舗では「地味に売れている」

   12月4日昼時、「忖度御膳」を求めて記者が都内千代田区の店舗を訪れると、陳列棚には4個の「忖度御膳」が並べられていた。店舗スタッフは「これ買われるんですね...」と少し驚いていたが、「飛ぶようにガンガン売れているわけではないが、地味に売れている」という。「ちょっと食べてみたい」とも話していた。

   実食してみると、軟らかいお米と上品な味付けのおかずだった。彩りもよく、「忖度」だけでなく、「インスタ映え」にも向いていそうだ。ツイッター上でも、

「普通においしいです」
「駅弁的な感じ」
「味は...まあいいんじゃないんでしょうか(忖度)」

といった感想が寄せられている。

   「流行語大賞」での受賞スピーチによると、「忖度まんじゅう」は今年7~8月の売り上げが5万個ほど。前出のファミリーマート広報部担当者によると、「忖度御膳」は80万食限定で数に達し次第販売終了とのことだったが、売り切れるのが先か、言葉のブームが過ぎるのが先か......

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中