2018年 7月 24日 (火)

阪大教授がセンター試験でいびき 林文科相「大変遺憾」

印刷

   大阪大学は2018年1月15日、大学入試センター試験の監督者が国語の試験中に居眠りをして数回いびきをかき、監督者としての責務を果たせなかったとして、40代の大学院教授を訓告処分した。

   これについて、林芳正文部科学相は16日の記者会見で、「大阪大学では昨年の入試にミスがあり、再発防止に向けた取り組みを実施しているなかで、今回のような事案が発生したのは大変遺憾」だと苦言を呈した。文科省は阪大に対して15日、「一層緊張感を持って入試業務に取り組むよう、厳しく指導を行った」という。なお、再試験は実施されない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中