2020年 12月 2日 (水)

貴乃花親方コメント全文 事件後初の発言...3月場所復帰目指す貴ノ岩の「未来」にエール

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   元横綱・日馬富士による平幕・貴ノ岩の暴行問題をめぐり、「沈黙」を守ってきた師匠・貴乃花親方が、事件後初めて公の場でのコメントを発表した。

   コメントは2018年1月17日付で、貴乃花公式サイトの「貴乃花親方からのメッセージ」欄に掲載された。

貴ノ岩は「ようやく体を動かすことができるように」

   コメントでは冒頭、「私の弟子である貴ノ岩が受けた暴行事件」について、「皆様」を騒がせたこと、心配をかけたことについて謝罪した。

   貴ノ岩の状況については、「頭部外傷、頭皮裂創痕、右乳突蜂巣炎痕」のため3か月程度は頭部打撲を避ける必要があるという、日本相撲協会に提出した診断書とほぼ同様の内容を説明したうえで、

「本人は深刻なダメージを負い、後遺症の心配もあるため、これまでは受傷部分の検査治療に多くの時間を費やしてきました。現在はようやく体を動かすことができるようになり、地道なリハビリを続けております」

と現状を語った。

   復帰は3月場所を「当面の目標」とし、

「貴ノ岩は未来ある青年であり、力士です。これから本人に未来を切り拓かせるためには、今回の事件を乗り越え、精神的肉体的な懸念を克服し、後遺症の恐怖にも打ち勝たなければなりません。そのための指導は、惜しむことなくして参ります。これがご心配をおかけした多くの皆様への御恩に報いる道に繋がると考えております」

とエールを送っている。

   貴乃花部屋サイトはコメント発表が報じられた影響か、18日12時時点で、サイトがつながりにくい状況が続いている。以下にコメントの全文を引用する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中