2019年 1月 21日 (月)

ふともも展に続き「百合展」も中止に 「若者のマルイ」苦しい決断

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   大型商業施設を展開する丸井(マルイ)。その池袋店で2018年3月17日から開催するはずだった「百合展2018」の中止がいきなり12日に発表された。9日から開催予定だった「ふともも写真の世界展」に続く中止だ。

   丸井広報によれば、この2つのイベントは過去にも開催されていて、いずれも「大型商業施設に相応しくない」といった苦情のようなものはなかったという。いったい何が起きているのか。

  • 「百合展」中止を報告(ヴィレッジヴァンガード公式HPより)
    「百合展」中止を報告(ヴィレッジヴァンガード公式HPより)

3回目となるはずの「百合展」だったが

   「百合展」は女性同士の友情や愛情を意味する「百合」をテーマとしたフェアで、書籍・雑貨ショップのヴィレッジヴァンガードが主催している。マルイ池袋店では16年から開催していて、今年開催すれば同店では3回目になるはずだった。開催は同店7階催事スペースで3月17日から25日までで、1万人以上の入場が見込まれていたが12日に中止が発表された。

   同店ではふとももをモチーフした写真展&物販展「ふともも写真の世界展 2018」(18年3月9日~3月26日)が2日、中止が発表されて間もない。なぜこうも連続して中止になってしまったのか。J-CASTニュースは13日に丸井に話を聞いた。

   丸井広報によれば、まず、「ふともも展」が中止になったのはメールや電話で、

「様々な人が出入りする大型商業施設に相応しくないイベントだ」

という意見が寄せられたためで、検討の末に中止することを決めた。「百合展」は複数の作家が参加し、作品の展示や販売をするイベントで、その作家の中に「ふともも展」の写真家が含まれていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中