「一日目には台所に立って」 妻を看取った71歳男性の新聞投書に反響...「泣いた」「自分もこんな夫婦に」

印刷

   神奈川県在住のパート勤務の男性(71)が朝日新聞の「声」欄に寄せた投書が感動的だと、ツイッター上で反響を集めている。

   「妻が願った最期の『七日間』」。投書は、2018年3月9日付朝刊に載り、こんなタイトルが付いていた。

  • 最後までこんな夫婦でいたい?(写真はイメージ)
    最後までこんな夫婦でいたい?(写真はイメージ)

最後の「七日間」でしたかったことを詩に残す

   投書によると、1月中旬に亡くなった男性の妻は、最後の「七日間」にしたかったことを1編の詩につづっていた。詩を書いたノートが、入院した病院のベッドの枕元にあったそうだ。

   妻は、病院から抜け出して最後の元気な時間がほしいと神様に嘆願し、こう願い事を書いた。

「一日目には台所に立って 料理をいっぱい作りたい あなたが好きな餃子(ぎょうざ)や肉味噌(みそ) カレーもシチューも冷凍しておくわ」

   二日目から六日目は、愛犬を連れて夫と思い出の箱根にドライブしたり、友達と女子会でカラオケに行ったりしたいと願った。そして、最後の七日目には、夫との時間を大切にするつもりだと明かす。

「あなたと二人きり 静かに部屋で過ごしましょ 大塚博堂のCDかけて ふたりの長いお話しましょう」

   夫に手を執られて静かにこの世を去る――詩の最後の部分は、願いがかなった。それ以外はかなわなかったというが、男性は投書の最後に、「2人の52年、ありがとう」と妻に呼びかけている。

   この投書は、ツイッター上で3月9日に紹介され、17万件ほども「いいね」が寄せられるほどの反響を呼んでいる。

「読んで泣いた...」「心に沁みる... 71歳で52年間とは、19歳からか」「私も人生の最後の1日、こんな風に過ごせたら本当に幸せだ」「自分もこんな夫婦になれたなら、と心底思いました」......
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中