平昌パラリンピックが閉幕 日本はメダル10個

印刷

   平昌パラリンピックは2018年3月18日、韓国の平昌五輪スタジアムで閉会式があり、10日間の祭典に幕を下ろした。式典では、次回22年大会の開催地・北京にパラリンピック旗を引き継いだ。

   今大会には、冬季史上最多の49か国・地域から約570選手が参加し、6競技80種目で熱戦を繰り広げた。日本選手団は金3、銀4、銅3の計10個のメダルを獲得。前回ソチ大会の6個を上回った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中