2018年 12月 13日 (木)

山里亮太【7】SNSの天才、キンコン西野に学べ!
(ネットニュースに明日はあるのか 藤代裕之先生に聞く/全7回)

印刷
news_20180523112216.jpg

   読者の皆さん、こんにちは。J-CASTニュース・名誉編集長の山里亮太です。

   これまで6回にわたり、ネットニュースの課題と向き合ってきました。いよいよ最終回です。最終回は、「SNSと芸能人」について。モデルは、あのキングコング西野です。

   僕とアイツとは、吉本のお笑い養成所の同期なんですが、まあ、たしかにすごい! 悔しいですが、アイツのSNSの使い方、全部"正解"なんですよね。

   そのあたり、どう思いますか? 法政大学社会学部メディア社会学科准教授の藤代裕之先生!

これまでの記事もチェック↓

【1】「文字起こしニュース」を根絶やしにしたい
【2】ネット軍団と共存するには
【3】テレビのネットアレルギー
【4】ラジコが起こした革命
【5】「炎上ビジネス」が終わる日
【6】「正義」を振りかざす恐怖

西野は日本の芸能界の「トランプ」

山里:今、SNSの使い方って大事じゃないですか。そのなかで、僕1人「こいつは!」っていうのを知っているんですけど、吉本の同期で「キングコング」の西野(亮廣)(※1)っていうやつで。
こいつが「炎上」の使い方っていうか、SNSの使い方がめちゃくちゃうまいんですよ。認めたくないですけど、あいつのこれまでのSNSの使い方、ぜんぶ正解をたたき出しているような気がして。その辺どう思います?

(※1)西野亮廣さん(37歳)(写真左)は、お笑いコンビ「キングコング」のツッコミ担当。今は「絵本作家」としての方が有名になりつつあるかも。近著の「えんとつ町のプペル」(幻冬舎)は、累計発行部数は35万部越えの大ヒット中。
(※1)西野亮廣さん(37歳)(写真左)は、お笑いコンビ「キングコング」のツッコミ担当。今は「絵本作家」としての方が有名になりつつあるかも。近著の「えんとつ町のプペル」(幻冬舎)は、累計発行部数は35万部越えの大ヒット中。

藤代:僕もそう思います。いいかどうかは別として使い方はうまい! 山里さんからみて西野さんのどのあたりが上手だと思います?

山里:自分がブログで発信することで、それがどう叩かれるかも分かっていますよね。ツイッターやブログを見ている人たちは"叩かせられている"と思うんです。

藤代:あー、なるほど。

山里:「自分がこう書いたら、相手はこう攻めてくるだろう」とか、「これをつぶやけば、これくらいの反響になるな」とか。攻撃のされ方も、みんな西野が知っているパターンで。全部わかったうえでやっていますよね。
ブログで発信したことがSNSで叩かれて、アクセス数が上昇して、それをワイドショーが取り上げて、こんどはそれを観た人がブログに「どれどれ」って戻ってくる。そうやって炎があがって、あがりきったところで、「では皆さん! こんな僕ですが、今からこんなことをやります」と、ぐうの音も出ないようなアイデアを見せつけてきて。(※2)
さらには、この前の「ハレノヒ事件」(※3)のときですよ。どのメディア、どの著名人よりも、日本で1番うまく対応したのは西野じゃないですか。そういうスピード感とネットの使い方、ネットの人間に対する対応力はすごいなと思っているんですよね。

   (※2)山里編集長がぐうの音も出ないと白旗をあげた、西野さんのブログ。ここでの発言が"炎上"の火種になることもしばしば。ブログタイトルは「西野亮廣ブログ」

   (※3)2018年1月の成人式の日、晴着販売・レンタルを行っていた「はれのひ」が突然営業を取りやめ、晴れ着を着られない新成人が相次いだ事件。このニュースを受け、西野さんは、被害に遭った新成人のために成人式を開催。振り袖を無料で提供したほか、着付けとヘアメイク、プロのカメラマンによる写真撮影も無料、さらに、クルージングディナーをプレゼントした。

藤代:なんか(彼の中に)「勝ちパターン」があるのかもしれないですね。

ジャーナリストで法政大学社会学部メディア社会学科准教授の藤代裕之さん
ジャーナリストで法政大学社会学部メディア社会学科准教授の藤代裕之さん

山里:昔は、あいつにツイッター上でよく噛みついていたんですけど、なんというか、もう「ペリーが来たときに、竹やりでえいやー!」ってやってるようなもんだなと。

藤代:(爆笑)。大砲ドーン! みたいな(笑)。

山里:そう。大砲ドーン! って撃ち込まれているときに、こっちは一所懸命小石を拾って投げているみたいな(笑)。そんな滑稽なことあります? 自分がみじめになることを見せつけられている感じですよ。

藤代:今話を聞くと、撒き餌をまいて批判する人が群がってきたところを高いところから見物しているような感じですよね。「見ろ、人がゴミのようだ」と(笑)。

山里:ムスカ(※4)ですね(笑)。

   (※4)スタジオジブリの映画『天空の城ラピュタ』に登場する悪役の名。

藤代:そうムスカ状態(笑)。そこでスイッチを押すとドカーンですね(笑)。

山里:あれは正解のモデルなんですかね。

藤代:いろいろやり方はあると思うんですけど、ソーシャルメディアをうまく使えない人はあまりにも"流れ"を見ていなさすぎだと思うんですね。ソーシャルメディアには"流れ"があって、西野さんは流れをつかむのが上手なのでしょう。あれくらいのパワーがあると、むしろ"流れ"さえも作れる方ですよね。
みんなが「次はこういうことやるだろう」という予想もどんどん裏切っていきますし。そのあたりは、トランプの手法に似ていますよね。

山里:日本のトランプ!?

藤代:日本の芸能界のトランプ!

山里:うわー、認めたくないーーーーー!!!

こちらはJ-CAST会員限定記事です
無料会員登録すると続きが読めます。会員特典について詳しくはこちら
まだJ-CAST IDをお持ちでない方は 無料会員登録
【動画】#山里編集長の記事一覧へ
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!