2018年 11月 16日 (金)

サラダの絵文字からGoogle、「卵」を排除 生産者団体が異議、「卵を返せ」論争に

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   「私たちは(絵文字から)卵を取り除き、より『包括的』なヴィーガン・サラダとしました」――Googleの担当者が、こんなツイート(以下、原文は英語)を発したのは2018年6月7日(日本時間)のことだ。

   この日、Googleは次期モバイル向けOS「Android P」の新バージョン「Beta 2」を、開発者向けに公開した。中でも関心を集めたのは、「絵文字(emoji)」のアップデートだ。新しい絵柄の追加のほか、既存のものも、ジェンダーや人種的な多様性に配慮したものに差し替えられるなど、最近のトレンドに沿った更新となった。

  • 問題となっている「サラダ」の絵文字。ゆで卵入りだった左から、ヴィーガンに配慮した右に変わった
    問題となっている「サラダ」の絵文字。ゆで卵入りだった左から、ヴィーガンに配慮した右に変わった

サラダにゆで卵、なぜダメなのか

   ところが、一つの絵文字の変化が、国際的な反響を呼ぶこととなった。

   「サラダ」だ。

   これまでの「サラダ」の絵文字は、ボウルにレタス、トマトの輪切りに加え、スライスされたゆで卵が描かれたものだった。ところが、新たな「サラダ」からは、ゆで卵が消失してしまった。

   いったいなぜか。それは、「ヴィーガン」への配慮からである。

   ヴィーガンは菜食主義者の中でも「厳格」な人たちだ。彼らの中には、肉などはもちろんのこと、卵や乳製品も、口にすべきでない、とする人が少なくない。ヴィーガンは、米国では人口の5%にも達するとの統計もある。彼らが「食べられない」サラダを、絵文字にするのはいかがなものか。

   こうしたマイノリティーを尊重する考えから、サラダから「卵」は消えたのだ。

   開発者のツイートには、「神改変だ。バーチャル・サラダ(絵文字)を見るたび、心臓発作を起こさなくて済む」「卵は悪」など、喜びの声も寄せられる。だが、多数派は、やりすぎでは?という疑問と、皮肉のリプライだ。

「僕はトマトアレルギーだ」「人類が滅びる」

   たとえばあるユーザーは、

「チームのみんなで話し合うべきかもしれない。自分たちが仕事の時間を使って、何をやっているかをだ。『より包括的なサラダの絵文字』......真剣にね」

と、開発チームを揶揄する。欧州在住だという別のユーザーも、本気かジョークか、こうからかう。

「僕はトマトアレルギーなんだ。これは僕みたいな人間にとっては、『包括的』じゃないね」

   ほかにも、「なんてことに力を浪費してるんだ。人類が滅びるぞ」「俺はケールかテンサイのサラダしか食べない」「選択の自由を」など、多数の書き込みが。中には、「#bringbacktheegg(#卵を返せ)」なるハッシュタグで呼びかけを行う「過激派」もいるほどだ。

   さらに「リアル」にも議論は広がっている。

英業界団体も異例の反応

   英デイリー・テレグラフ(ウェブ版)によれば、業界団体である英国鶏卵産業協会はメディアの取材に対し、「ヴィーガンが卵を食べないのは承知しているが、英国では卵は5%近く売り上げを伸ばしており、多くの人々に愛されている。問題ある一グループの懸念から、多数派を取り逃がすのは残念だ」「Googleのような会社が、少数の活動家のゆがんだ思想に屈するなど、ばかげている」とコメントしたという。

   国際的な議論になりつつある「サラダの絵文字」問題、前述のGoogleの担当者はツイッターで、冗談交じりの口調でこんな「釈明」も載せている。

「肉食、ヴィーガン、その間の皆さん、こんにちは。サラダの絵文字を変えたのは、Unicode(文字コードの業界規格)にもっと忠実なものにしたかったということだけ、明確にしておきたいと思います。(Unicodeでのサラダの説明は)『レタス、トマトや、キュウリなどが入った、ボウルに入ったヘルシーなサラダ』。さあ、召し上がれ!」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中