2018年 11月 16日 (金)

エヴァ、2020年公開発表もファン疑心暗鬼 「実際は2025年くらいか...」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   庵野秀明監督の人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の新劇場版シリーズ4作目となる映画が、東京五輪と同じ2020年に公開されると、公式サイト上で発表された。

   ファンからは期待の声が出ているが、同時にある懸念の声も漏れている。

  • 公式サイトで、エヴァの完結も告げる
    公式サイトで、エヴァの完結も告げる

シリーズは、過去に何度も上映が延期された経緯

   その告知はなんと、2018年7月20日に公開された細田守監督のアニメ映画「未来のミライ」の本編上映前にまず行われた。特報だとして、エヴァの4作目が「シン・エヴァンゲリオン劇場版」として2020年公開とはっきり表示されたのだ。

   ツイッター上では、このことに驚きの声が上がるとともに、ファンからは、「エヴァきたああああ!!!」「楽しみです!待ってます!」などと期待が高まった。

   さらに、エヴァンゲリオンの公式サイトでも、20日午後になって、「西暦2020年公開」との文面が載った。それによると、2007年から始まった映画のシリーズで、「エヴァがついに完結する」という。新作の内容については、ほとんど触れられなかったが、東宝、東映、庵野監督の会社のカラーの3社が共同で映画配給をする予定だとされている。

   ただ、エヴァのシリーズについては、過去に何度も上映が延期されてきた経緯がある。

碇シンジ役の緒方恵美さんも、「今初めて知った」

   12年に3作目の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」を公開した後、庵野監督は「鬱状態」になったと明かし、4作目の公開時期が宙に浮いたままになっていた。

   こうした経緯があるだけに、ファンらの間では、公開時期について疑念が出ており、「宮崎駿引退と劇場版エヴァンゲリオンの公開予定年は信じるな」「実際は2025年くらいか...」といった声が漏れている。

   エヴァ主人公の碇シンジ役をしている声優の緒方恵美さんは7月20日、公開告知の報道を受けてツイッターを更新し、「今初めて知った」と明かした。「...オリンピックイヤーなんだ...!」「...というツイートでおわかりのように、私は、『新劇場版については』なーんにも知りません」とも書いている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中