2018年 8月 16日 (木)

キャプテン長谷部の思わぬ「弱点」 「スベった」ギャグを乾がばらしちゃった

印刷
「おもんない(面白くない)ですよ」

   サッカー日本代表の乾貴士選手(30)がテレビ番組で、あるチームメートについてこうキッパリ述べた。その人物とは、主将・長谷部誠選手(34)。プライベートで「スベった」エピソードを暴露した。

  • フランクフルトで同僚だった乾貴士選手(左)と長谷部誠選手
    フランクフルトで同僚だった乾貴士選手(左)と長谷部誠選手
  • 代表で長谷部選手と過ごした時間が長い川島永嗣選手。かつてエピソードを語ったことも。
    代表で長谷部選手と過ごした時間が長い川島永嗣選手。かつてエピソードを語ったことも。

「うちの子供まだ小さかったんですけど...」

   乾選手は2018年7月20日放送のバラエティー番組「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)にゲスト出演した。そこで、ワールドカップ(W杯)3大会で主将をつとめた長谷部選手の話題になると、乾選手はまず「人間としても出来すぎている」と一言。松本人志さんや坂上忍さんらレギュラー陣が頷くなか、直後に乾選手は「でも、おもんない(面白くない)ですよ」として語り始めた。

「俺、フランクフルトで一時期一緒にやらせてもらって、何年か前に。家族で食事に行った時に長谷部さんも来てくれたんですよ」

   2人は14-15年シーズン、ドイツ・ブンデスリーガのフランクフルトでチームメートだった。乾選手には10年7月生まれの長男がおり、当時5歳。長谷部選手はどうにか喜んでもらおうとしたのか、

「うちの子供まだ小さかったんですけど、(長谷部選手が)ご飯食べる時に『いただきマンモス』とか言って。めちゃおもんないでしょ。おもんないでしょ」

と、少々ニヤけながらぶっちゃけた。松本さんも坂上さんも大爆笑だ。なお、滋賀県生まれの乾選手は、高校も同県立野洲高校、Jリーグ時代はセレッソ大阪の在籍が長く、今なお話し言葉は関西弁と、バリバリの関西人だ。

   思わぬ形でネタにされてしまった長谷部選手だが、真面目さゆえにちょっとズレることは時々あるらしい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中