2018年 8月 20日 (月)

中国新聞カープ番記者、DeNA選手は「お粗末」 辛口ツイートが賛否

印刷

   中国新聞の広島カープ担当記者によるツイートが、物議を醸している。

   カープの対戦相手であった横浜DeNAの選手に対し、「お粗末な打撃」と評したためだ。

  • 実際の投稿(編集部で一部加工)
    実際の投稿(編集部で一部加工)

「記者ならではの視点」で発信するも...

   中国新聞は2018年7月31日、広島カープの担当記者が運営するツイッターアカウントを開設した。紙面およびウェブ版に掲載された告知によれば、「試合中は運動部カープ担当記者ならではの視点でつぶや」くという。

   ツイートは予告通り、記者の主観を交えた内容が特徴。8月5日のカープ対DeNA戦では、

「うゎ~、ここで代えた。高橋昂の2勝目吹っ飛ぶ。故障でもしたのか、懲罰か」
「今、併殺を狙いにいくDeNAの守りは信じられない。しかも打者西川で。広島的にはラッキーだが」

などの投稿があった。

   物議を醸しているのは、同試合での「倉本のお粗末な打撃で、高橋樹復調。3アウト目はリプレー検証へ(●●)」(伏せ字は編集部、原文では署名)という投稿だ。

   これは、1点ビハインドの10回裏1死1塁。カープの高橋投手に対し、DeNA倉本選手が3ボール1ストライクからセカンドフライに倒れた場面についてだ。

中国新聞「一部ファンを不快にさせる表現がありました」

   ツイートに対しては投稿後1時間で250以上の返信が寄せられた。

「カープファンだが中国新聞番記者さんのツイートは本当に許せん。倉本にもDeNAファンにも失礼すぎ。相手を敬ってこそのプロ野球だぞ」
「中国新聞というアカウント名を出してツイートするなら、事実のみ伝えるのが本筋。記者個人の本音をツイートしたいなら、あくまで個人名でのアカウントですべきであり、誰もやるなとは言ってない」

といった批判的な向きがある一方、

「実際あんなのお粗末な打撃以外の何物でもないだろ」
「ぶっちゃけお粗末な打撃くらい良くね?と思うがね 言葉狩りが多い」

と擁護する声もあるなど、賛否両論だ。

   ツイートはしばらくして削除され、

「一部ファンを不快にさせる表現がありましたので、削除しました」

と説明している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中