2018年 11月 15日 (木)

小籔千豊、「タプタプ」お腹を「バキバキ」に 本人が写真の「種明かし」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   吉本新喜劇座長の小籔千豊さんが2018年8月23日、「コツコツと鍛え上げた腹筋」をインスタグラムで披露した。

   「こんなんなっとるとは」「亀の甲羅みたい」などと驚きの声が上がっているが、本人は投稿の中のハッシュタグで「ウソです」といって、写真の種明かしをしている。

  • 腹筋6パックの小藪千豊さん(画像は小藪さんのインスタグラムより)
    腹筋6パックの小藪千豊さん(画像は小藪さんのインスタグラムより)
  • 8パックの写真も(画像は小藪さんのインスタグラムより)
    8パックの写真も(画像は小藪さんのインスタグラムより)

「#ウソです」「#アプリです」

   「コツコツやるってよくゆーけどさコツコツってなんだよ(中略)でもさ、それは本当にやりたいことがなかっただけ(中略)大人になったらそんなボクも本当にやるべきことができたからコツコツやってるよ」

   小藪さんは23日、ポエム調の長文のメッセージとともに、Tシャツをまくりあげて6パックに割れた腹筋をあらわにした写真をアップした。

「あんなに嫌いだったコツコツを それで気づいたら 腹筋バキバキになってた なんでも続けないと変化ないんだな」

   だが、こうした文章を続けたあと、「#ウソです」「#アプリです」「#ほんとはお腹タプタプ」と、写真は加工したものだとハッシュタグで明かしている。

   また、「#コメント自作自演」「#書かれそうなコメントを先にコメント覧に書いておくスタイル」といって、投稿直後に自らコメントを書き込んでいた。

「アプリかい マジかと思いました」「どういうトレーニングでそうなりましたか?」「うらやま」「バキバキ」「すごい腹筋ですね?」...

   こうしたノリに便乗してか、はたまた本当に騙されてか、コメント欄には「凄い腹筋」「えーーーー!こんなんなっとるとはーーーー!!!」「亀の甲羅みたい」などといった投稿が散見される。

   小藪さんは24時間以内に消える「ストーリー」機能による投稿では、「こっちの方がうまくできたな」とのコメントとともに、8パックに割れた腹筋の写真もアップしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中