2018年 11月 16日 (金)

パチモンから覗く中国・深セン 「Supreme姿のクリリン」から「親指サイズ携帯」まで

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   スマホカバー、スマホカバー、スマホカバー。右を見ても左を見ても、前を向いても後ろを向いても、視界に入るのはフックにかけられたスマホカバーばかり。

   フロアにひしめき合うのは、四畳半ほどのスペースの小さな店舗。その数は何十にもなる。それがすべて、スマートフォン用のカバーを売る業者だ。

  • 深セン・華強路で販売されていた「パチモン」スマホカバー
    深セン・華強路で販売されていた「パチモン」スマホカバー
  • 「Supreme」は大人気。ほかにも無数のパチモンが
    「Supreme」は大人気。ほかにも無数のパチモンが
  • 偽ミニスーファミ。正規ソフトから正体不明のハックロムまで
    偽ミニスーファミ。正規ソフトから正体不明のハックロムまで
  • とにかく小さい親指サイズ携帯
    とにかく小さい親指サイズ携帯
  • 華強北。写っている建物はいずれも電気街だ
    華強北。写っている建物はいずれも電気街だ

最先端とパチモンが併存

「ハウマッチ?」

   その店の一つでカバーを手に取り、カタカナ英語で問いかけた。20代の女性店長が電卓を叩く。10元(約160円)だ。OKすると、机の上のWeChat Pay(微信支付)のQRコードを指差された。傍らでは、店長の娘らしき子どもが遊んでいる。

   2018年8月、中国・深センの電気街「華強北(フアチャンベイ)」の光景である。

   香港の対岸にある深センは、中国を代表するIT都市として知られる。「華強北」はその心臓部ともいえる電気街だ。

   電気街、というと、秋葉原を思い浮かべるかもしれない。確かに似ている。昔ながらのパーツ街や、裏通りにあるガジェット系のショップと雰囲気が近い。ただ、規模がとにかくデカい。

   一画にはショッピングモールほどの大きさの建物が何軒も立ち並び、その中にぎっしりと小規模な業者が入居、電子部品からPC、スマホ、家電、ドローン、おもちゃに至るまで、ありとあらゆるデジタルガジェットを売る。店舗数はなんと、1万を超えるという。

   そこには最先端の製品が集まる。一方、いわゆる「パチモン」も横行している。

   上記のようなスマホカバー店街は、その典型だ。「宝格通信市場」では、3フロアがスマホ用のカバーを扱う小店舗で埋め尽くされている。だが、売り場には、笑ってしまうほどあからさまなパチモンが少なくない。

   たとえば、人気ブランドの「Supreme(シュプリーム)」のロゴが描かれたカバーは、数えきれないほど見かけた。ある店で売られていたのは、「Supr」の4文字とともに、ルイ・ヴィトンのロゴがあしらわれたカバーである。ブランド効果なのか、25元(約400円)という強気の値段だ。

セラムン、クレしん、まる子などが人気

   日本のアニメキャラもいる。人気どころは、ドラゴンボール、セーラームーン、クレヨンしんちゃん、ドラえもん、ちびまる子ちゃん。最近の作品は少なく、ONE PIECEとNARUTOくらいだ。単に既存の画像をパクるのではなく、アレンジを加えているものが多いのが目を惹く。

   たとえば「ドラゴンボール」のクリリンがSupremeを着ていたり、「セーラームーン」の月野うさぎがインスタグラムをやっていたり。画像を流用するにしても、目元だけをアップにするなど、その編集はかなり大胆だ。中には、別作品のキャラ同士が一つの商品に描かれていることもある。

   公式では「ありえない」改変や組み合わせである。著作権者としてはたまったものではない。だが結果的に、現代アート的ともいえる、ある種のオリジナリティーが生まれている。

収録本数競い合う「偽ミニスーファミ」

   スマホ・通信のファーウェイやZTE、ゲーム・ITのテンセント、ドローンのDJIなどが本社を置き、いまや国際的な先端都市となった深セン。そこで今なお出回るパチモンたちには上記のスマホカバーをはじめ、ある種のイズムが感じられる。パクリだろうがなんだろうが、先行製品にはない(できない)ものを加えて客の心をつかんでやる、という商魂であり、過剰なまでのサービス精神である。

   たとえば偽「ミニスーファミ」だ。デザイン、収録ソフトはまったくのコピーだが、せめて収録作数(オリジナルは21本)では負けまいとしたのだろう。ある商品は300本。後発と見られる別の商品は620本。さらに最後発らしき商品は「621本」収録をうたう。ただし入っているソフトはいずれもファミコンで、「ボンバーマリオ」や「マリオ10」など、かなり怪しいタイトルで水増しされているが......。

   別の売り場では、アクションカメラが大量に店頭に並んでいた。業者は様々だが、いずれも見た目はGoProそっくりだ。マウント(アクセサリー)も共用できる。ここまで来ると、もはやひとつのプラットフォームだ。値段も、高機能をうたうモデルで180元(約3000円)と、比べ物にならないほど安い(性能は推して知るべし)。

「華強北」走り回る子どもたち

   同じフロアで見つけたのは、「L8STAR」なるブランドの携帯電話「BM10」である。携帯研究家の山根康弘氏がすでに紹介している通り、デザインはノキアの復刻版「3310」とうり二つである(別の売り場ではノキアのロゴが入った同型機を見かけた)。

   が、このBM10がすごいのは縦幅68mm――成人男性の親指ほどのサイズという点だ。これでBluetoothにも対応し、スマホとひもづけて受信機代わりに使うこともできる。パチモンといえばそれまでだが、「超小型化」という突き抜けた改変の結果、少なくとも大手メーカーには「ありえない」製品となった。

   深センが中国政府により経済特区に指定されたのは、1980年のことだ。それから40年弱。2018年8月にはファーウェイ・ZTEが米政府から締め出され、同じ月には「テンセント・ショック」が世界的な混乱を招くなど、深センから誕生した国際企業たちは今、岐路に立たされているようにもみえる。

   そんな中でも、野放図に売られ続けるパチモンたち。中国語ではパチモンを「山寨(ゲリラ)」と呼ぶが、まさに非正規軍的なエネルギーが、まだ深センには漂っている。

(J-CASTニュース編集部 竹内 翔)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中