2018年 11月 14日 (水)

保阪正康の「不可視の視点」
明治維新150年でふり返る近代日本(15)
天皇に「過酷な運命」強いた帝国主義

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   私は前回の本欄で、平成28(2016)年8月に今上天皇によって発せられたビデオメッセージのことを紹介した。この中で天皇はきわめて曖昧な表現になるにせよ、摂政の難しさを語っていた。

   今上天皇の人間的な感情が、このメッセージにこもっていることを私たちは歴史の文脈で理解する必要がある。特に具体的に名を挙げているわけではないが、大正天皇への思いを汲み取る必要があるだろう。近代日本の中で、大正天皇の実像を考えることは取りも直さず可視と不可視の部分を理解することになる。いわば大正天皇は近代日本史に抑圧された形になっているといえる。

  • ノンフィクション作家の保阪正康さん
    ノンフィクション作家の保阪正康さん
  • 大正天皇。近代日本史に抑圧されたとも言える存在だ
    大正天皇。近代日本史に抑圧されたとも言える存在だ

大正天皇が漢詩を詠まなくなった理由

   大正天皇が摂政(皇太子、後の昭和天皇)に天皇としての政務全般を譲ったのは、大正10(1921)年11月のことである。

   この摂政に至るまでの経緯を確認していくと、牧野伸顕宮内大臣や松方正義内大臣らは 大正天皇を懸命に説得している、分かりやすくいうと、あなたはお体の具合がすぐれないのだから、ゆっくりと養生して欲しいと申し出ている。これに対して、『牧野伸顕日記』には、「聖上陛下には唯々アーアーと切り目切り目に仰せられ御点頭遊ばされたり」と書かれている。現実に大正天皇は政務を執ることが難しいというのである。もっともこれが正確か否かは判断の難しいところである。

   なぜなら牧野も松方も大正天皇は天皇としての権威に欠けると見て、早い所摂政に天皇の政務を渡したいと考えていたためである。このことは近代日本の天皇は、軍事に象徴される力強さや素早い身動きが要求されるのであり、大正天皇のように文人肌で、露骨に軍事に対して抵抗する天皇は向いていないとされていたのだ。

   あえて触れておくが、大正天皇は漢詩を詠み、御製を作ることに関しては天才的と言われた。特に漢詩はもし天皇でなければ日本一の詩人たり得たであろうとの評価さえある。あるいは明治44 (1911) 年に伊藤博文が韓国の併合により、李王朝の王位を継ぐ李垠を日本に連れてきた折に、しばしば宮中に参内するのだが、その時に韓国語が話せるものがいないと寂しいだろうと自ら韓国語を覚えて会話をしたというエピソードも残っている。そういう優しさは、本来天皇には必要ではなかった。大正天皇が大正6(1917)年ごろからほとんど漢詩を詠まなくなったのも天皇に要求される軍事上の圧力に不満があったからだろう。

   大正天皇の人間的な性格やその感性に気づくと、天皇は時代の枠組みの中に押し込められ、そこから抜け出すのは容易なことではないとわかってくる。大正天皇の政務室から摂政の部屋に侍従が御名御璽の印を運ぶ時に、大正天皇はそれを抱えて離さなかったと言われている。侍従武官の日記にそれが書かれている。

   平成の天皇が、摂政という制度は残酷だとの意味を漏らしたのは、このような事実を指しているといってもよかった。まさに不可視の部分である。さらにもう一点加えておこう。

昭和天皇「摂政を考えているのじゃないだろうね」

   平成22(2010)年に昭和天皇の晩年に侍従を務めた卜部亮吾の日記が公刊された。この書の中で昭和天皇は意外なことを口走っていることがわかった。昭和63(1988)年の秋からはほとんど寝たきりの状態になったのだが、その折に侍従たちに、「摂政を考えているのじゃないだろうね」とか「(皇太子の政務代行は)今回限りだからね」と漏らしているのである。それもしばしばなのである。これは何を語っているのか。

   容易に推測できるのだが、昭和天皇は自らが父・大正天皇から天皇の座を奪ったのではないかと恐れていたのである。卜部の日記は、はからずもこのことを明かしたのだ。

   平成の天皇はこのような事実に触れたとき、当然ながらそこに非人間的な伝統の怖さを確認したのではなかったかと思える。この怖さは国民には決して理解できない。どのような怖さなのかを理解できるといったら、それは嘘になる。私たちは平成の天皇のメッセージにひそんでいる訴えを理解できるか否かが問われていると考えるべきなのである。

   そしてことの本質は、今この国は天皇と国民の間にどのような回路、あるいは紐帯がつくられるべきかが問われているといっていい。私たちはそのような視点を見ずに平成を論じることはできないし、明治維新150年を論じることはできない。

   この一連の稿は、明治維新150年を単に歴史の流れとしてとらえるのではなく、もし150年の出発点において、四つの国家像があり得たらと考えて、歴史を見つめる目を強靭に鍛えることを目的としている。現実に日本が選択したのは、第一の道の帝国主義の国家であった。そして明治、大正、昭和、そして平成の天皇についての可視と不可視の部分を見てきた。ここでひとまずわかったのは、天皇のあり方をより精緻に見ていくなら、第一の道は天皇に過酷な運命を強いているとの事実でもあった。むろんこのことについて、私はもう何点かを指摘しながら考えを深めていきたいと思う。(第15回に続く)




プロフィール
保阪正康(ほさか・まさやす)
1939(昭和14)年北海道生まれ。ノンフィクション作家。同志社大学文学部卒。『東條英機と天皇の時代』『陸軍省軍務局と日米開戦』『あの戦争は何だったのか』『ナショナリズムの昭和』(和辻哲郎文化賞)、『昭和陸軍の研究(上下)』、『昭和史の大河を往く』シリーズ、『昭和の怪物 七つの謎』(講談社現代新書)など著書多数。2004年に菊池寛賞受賞。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中