2018年 11月 14日 (水)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち
「投票するなよ」若者を挑発する老人動画

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で
「投票するなよ」、「私たちはいつも投票に行くけど、君たちは行かないよね」

   白人の高齢者男女が入れ替わり立ち替わり若者たちに、動画でこう語りかけていく。

   米国の現トランプ政権への強い危機感から、民主党支持者らが若者たちの投票喚起に力を入れるなか、高齢者が若者を挑発する異色のキャンペーンが話題になった。

  • 民主党支持で若者に中間選挙の投票を呼びかける団体のサイト
    民主党支持で若者に中間選挙の投票を呼びかける団体のサイト

民主党支持団体が制作

   前回の記事「低投票率の中間選挙を左右する若者」(10月21日公開)で触れたように、若い層は比較的、リベラルな人が多いが、政治に関心が薄くて投票率が低い。世論調査によると、ミレニアル世代(現在の22-37歳)でトランプ大統領の初年の業績を評価した人は27%と、より年齢の高い他世代と比べると極めて低い。一方、オバマ大統領ではミレニアル世代の64%が支持と、群を抜いて高かった。しかし、過去4回の中間選挙で、18-24歳の投票率はわずか20%だ。

   この異色の動画は、民主党支持キャンペーンの一環として、急進的な非営利団体「アクロニム(Acronym)」が、全国規模で若者の有権者登録を促すために制作したものだ。携帯電話やタブレット用に、若者の関心を引きそうな内容で短い作品に仕上げている。

「トランプ、最高だよ」

   広告に登場するのは、トランプ大統領支持者の典型と言わんばかりに皆、高齢の白人男女だ。自分たちの主張とは逆の発言を繰り返すことで、若者を挑発する。例えば、こんな具合だ。

「投票に行くなよ」、「現状のままで、何の問題もないんだから」 、「トランプ、最高だよ」
「気候変動ですって? 知ったことじゃないわ。私はもう死ぬんだもの」
「そりゃ、学校銃撃事件は悲しいことよ」、「でも私が学校に行ってたのは、もう50年間も前の話」
「どの命が大切か、もうわけがわかんなくなっちゃったわよ」(「黒人の命も大切だ(Black Lives Matter)」などの社会運動にかけて)
「天気がよかったら、よくあるくだらないデモにでも行ったらいいわ」
「あなたたち、この動画をフェイスブックでシェアするかもしれないわね」
「でも投票はしないよな」、「我々はいつも投票へ行く。君らは行かないよね」、「僕たちは行動の世代だからね」、「泣き言ばかり言っている人たちとは違うのよ」

   この団体はキャンペーンのウエブサイトを立ち上げ、「我々の価値観のために戦おうとしない指導者らを、こきおろすパワーが我々にはあるのです」と投票を呼びかけた。

   さらに、「友人5人が投票すると約束すれば、オリジナルTシャツをプレゼントする」と呼びかけている。

   どこで投票するのかわからない人のために、最寄りの投票所を案内。また、投票の希望時間を入力すると、投票前夜にメールでリマインダーが送られる。

「若者と高齢者を分断するな」

   若者も高齢者もおおむね、この動画の「皮肉」や「ユーモア」を好意的に受け止めているようだが、批判の声もある。

「我々高齢者こそ、公民権運動のために闘ってきたのに、バカにしないで」、「若者と高齢者、どちらも茶化した失礼な内容だ。これで投票する若者が増えると思っているのか」、「若者と高齢者を分断するな」、「若者にもトランプ支持者はいるし、トランプに批判的な高齢者も多い。ステレオタイプを助長している」

   制作団体の代表は、「笑いやユーモアで、動画が注目されることが大事。たとえ批判があろうと、人々が感情的になるとしたら、成功と言えるのでは。これを見て投票に行く気になったという報告を多く受けている」と話す。

   ツイッターやフェイスブックで、「若者よ、この動画を見て」と呼びかける人も少なくない。

   この団体はほかにも、中間選挙に向けてスパイク・リーのいとこ、映画監督のマルコム・D・リーにコメディ動画三本の制作を依頼した。いずれも、「投票しないという白人を、黒人が警察に通報する」(通常なら黒人が白人に通報されることが多いというアイロニー)コメディで、「人種差別的」との批判も受けている。

   リーは、「多くの人の自由が奪われている現状を何とかしないと。議員への電話や寄付はしてきたけれど、自分の才能を生かしてできることを探していた」という。

   全米の大学や街角で盛んに若者に投票を呼びかけ、有権者登録すればコーヒーやMOCHI(日本の餅が今、アメリカで大人気なのだ)を無料で配るなどのサービスも行っている。若者の投票を促すことを学校の教職員に誓約させるサイトも誕生、必要であれば授業スケジュールの変更や欠席を認めることもその内容に含まれている。

   中間選挙投票日まであと9日。成果は見られるのか、大いに注目される。(敬称略。随時掲載)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

20181031_kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中