2020年 10月 1日 (木)

丸佳浩「流出」でも、広島が4連覇を達成できる理由

カンタン約1分!あなたの健康に関するアンケートのお願い

   広島からFA権を行使した丸佳浩外野手が2018年11月30日、広島市のマツダスタジアムで巨人に移籍することを表明した。丸外野手の獲得を目指していたロッテにはこの日朝、断りの連絡を入れ、宣言残留を容認していた広島にもこの日、断りの報告を行った。

   2年連続でセ・リーグMVPを獲得し、FA史上最大の注目を集めた丸外野手が最後に選んだのは巨人だった。丸外野手を巡っては、広島、巨人、ロッテの三つ巴の争奪戦が繰り広げられ、3球団とも異例の大型契約を用意しての大激戦だった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

若手選手にとっては「チャンス」との見方も

   条件面でいえば、巨人が広島、ロッテを圧倒していた。広島は4年17億円、ロッテは6年24億円超で、巨人はこれらを上回る5年30億円超に及ぶ破格の条件を提示。これに加えて原辰徳監督が現役時代に付けていた背番号「8」を提示したとされる。

   11月24日に巨人と初交渉を行った際には原監督が直接出馬し、「ジャイアンツに新しい血を入れてほしい」と言葉をかけられ、これが入団を決めた大きな要因となったという。この日、広島に巨人入りを報告した丸外野手は「野球選手として環境を変えて一からチャレンジしようという気持ち」と改めて意気込みを語った。

   丸外野手の巨人移籍に関して、ネットでの広島ファンのコメントは概ね肯定的で、「さびしい」との声は多く上がっているが、批判の声はごく少数である。広島ファンの声の中には、「若手選手のチャンスが広がる」として、歓迎ムードさえ漂っている。

   12球団一の練習量を誇り、野手の層の厚さも球界随一。ここからくる自信の表れか、広島の野手陣には丸外野手移籍に悲壮感は見られない。

   丸外野手と同学年の田中広輔内野手は「戦力的には痛いけど、外野手にとってはチャンス」と話し、今季、左翼として出場してきた野間峻祥外野手も「自分たちにとってはチャンス」と前向きにとらえている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中