2019年 5月 20日 (月)

平成最後の「今年の漢字」はこれだ! J-CAST記者たちが大予想

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   年末恒例イベントとなっている「今年の漢字」。

   毎年12月12日、京都・清水寺の舞台で揮毫(きごう=文字や書画を書くこと)により、発表している。

  • 2017年は、15万3594票の応募の中から、7104票を集めた「北」に決定した(公益財団法人・日本漢字能力検定協会より)
    2017年は、15万3594票の応募の中から、7104票を集めた「北」に決定した(公益財団法人・日本漢字能力検定協会より)

なんで「12月12日」なの?

   「今年の漢字」は、公益財団法人・日本漢字能力検定協会(以下、漢検)が「その年の世相を表す"漢字一字"」を募集したことに端を発する。1995年より開催され、2018年で24回目。今や「年末の風物詩」と言っても過言ではない。

   ところで、なんで「12月12日」なのだろう? 主催する漢検に聞いてみた。

「当協会は、漢字の普及・啓蒙活動の一環として、日本国民に奥深い感じと日本文化を継承する目的で、12月12日を『漢字の日』と制定いたしました。12月12日は、語呂合わせで『いい字、一字』ということで、日本人1人1人が毎年、『いい字』を少なくとも『一字』覚えてほしい、という願いを込めています」

   また

「京都・清水寺の森清範(せいはん)貫主(かんす)による揮毫、1年間の出来事を清めるとともに、明るい新年となるよう、願いを込めて奉納いたします」

ということである。

   ところで、漢字と言えば、我々、ネットニュース記者も毎日のように扱っている。そこで、編集部記者に「今年の漢字」を予想してもらった。

「力」「災」「米」「平」...理由は?

   まず20代のT記者(男性)は、「圧」または「力」を選んだ。理由としては、

「今年は、スポーツ界のパワハラや『#MeToo』運動に代表されるセクハラ問題が雨後のたけのこのように発覚したため。権『力』者から権力弱者への『圧』(パワハラ・セクハラ)が目立った。流行語大賞のノミネート語に『悪質タックル』『奈良判定』『MeToo』が選ばれているのも象徴的」

と分析する。

   同じく20代のS記者(女性)も「力」を推薦した。

「アメフトや体操界におけるパワハラ、相撲界(力士)における貴乃花引退などが話題となったため」

と、同様の見解を示している。

   さらに20代のF記者(女性)は、

「『災』=全国各地でさまざまな災害が起こり、異常気象に悩まされることが多かった1年だと思うから。また『騒』=日大のアメフト問題、貴乃花問題など、日本中を長期間騒がせる事件が多かったと思うから」

   う~ん、若手20代の記者からは「マイナス漢字」のコメントが多い。

   では、弊社デスクは、どう思うのか?

   50代のFデスク(男性)は「米」という字を選んだ。

「空回りの米朝首脳会談など、今年もトランプ氏に振り回された1年。また『DA PUMP』の曲『U.S.A』がヒットしたため」

   また30代のKデスク(男性)は「平」じゃないか? という。

「冬の『平』昌五輪では、小『平』奈緒選手が女子スピードスケート初の金メダルを獲得した。『平』成最後の1年を前に、秋には安田純『平』さんの帰国も話題になった」

   なるほど~。ストレートな若手記者とは違い「ひとひねり」している感がある。

複数回選ばれた漢字は1つだけ...知ってる?

   と、人に聞きまくっておいて、当の記者本人が何も語らない...というのもズルい。40代の私(男性)は「暴」または「変」と予想する。

「トランプ氏の『暴』言や『暴』挙、また台風等による『暴』風雨などの気象状況が印象的だった。『変』も『気候変動』が顕著だった年。また、国会での『変』な答弁の繰り返し、スポーツ界では『日大アメフト部のタックル問題』やアマチュアボクシング『奈良判定問題』、体操の『体罰問題』など、本来ならクリーンであるべき世界の『変』な報道が多かったから」

というのが理由だ。

   因みに、過去において複数回選ばれたのは「金」が3回で最多である。

・2000年=シドニー五輪女子マラソンで高橋尚子選手が「金」、南北朝鮮統一の実現に向けた「金・金」首脳会談など

・2012年=金環日食や金星観測など、天文現象の当たり年。また、ロンドン五輪でが、日本史上最多のメダル獲得、ノーベル賞の受賞など、数多くの金字塔が打ち立てられた年

・2016年=リオ五輪の日本人選手「金メダルラッシュ」、また4年後(2020年)の東京五輪への期待が高まった。一方で東京都知事(当時)の政治資金問題、築地市場の豊洲移転問題など、政治と金の問題が次々と浮上

   また、これ以外の21回は、漢字が被ったことはないそうだ。

   ところで、記者が選んだ「変」は

・2008年=日米の政界に起こった変化や世界的な金融情勢の変動、食の安全に対する意識の変化、物価の上昇による生活の変化、世界的規模の気候異変など、さまざまさ変化を感じた年

として選出されている。

   平成最後の年末も1カ月を切った。忘年会等で、皆さんも予想してみては?

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中